日ハム新球場構想、近く方向性 札幌市と実務協議終了

2018年03月24日 07時30分

 札幌市と北広島市を候補地とする日本ハムファイターズの新球場構想を巡り、札幌市と球団は23日、7回目の実務協議を行った。最後の話し合いで、球団側は近く、一定の方向性を出す。市側は固定資産税の減免事例や、候補地の真駒内公園までを結ぶシャトルバス運行に関する考察状況など行政支援を説明し、札幌市残留に向けた思いを伝えた。

 協議後、報道陣の質問に答えた札幌市まちづくり政策局の村瀬利英プロジェクト担当部長は、真駒内公園に決まった場合のスケジュールを示し、「球団側は4月以降に具体的な設計作業に入ると思う。課題解決について交通、市電といった検討課題などを一緒に整理していきたい」と説明。そうした中で、計画のたたき台を作成し、有識者や市民が入った検討の場で議論していければとした。

 固定資産税の減免に関しては、スポーツ施設での事例を紹介したとし、試合がないときに施設を開放した場合に公共性や公益性があれば可能だと伝えたという。

 球団の前沢賢事業統括本部長は「3月中に一定の方向性を出すといっているので、いたずらに延ばすことはない」と強調。親会社の日本ハムと話し合いながら協議を進めていると説明した。真駒内公園か、北広島市のきたひろしま総合運動公園のいずれかに決まった後、より具体的な協議がスタートすると述べるにとどめた。

 今回で札幌市、北広島市との実務協議は全て終了。球団側は近く候補地の方向性を示すことになっている。


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,607)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,258)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,859)
名寄市 王子マテリア名寄工場の事業継続要請
2019年10月16日 (1,626)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,543)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。