BP構想で北広島市がJR北海道に要請 新駅で3者協議へ

2018年04月06日 08時30分

 きたひろしま総合運動公園予定地が北海道日本ハムファイターズのボールパーク(BP)建設候補地に決定したことから、上野正三北広島市長は5日、JR北海道を訪問し、新駅設置に関わる実務者会議の設置を要請した。JRは島田修社長や西野史尚副社長が対応。今後は球団も交えて、課題となる交通アクセスの協議が始まる。

手を結ぶ上野市長(左)と島田社長

 2023年の開業を目指すBPは、JR千歳線の北広島駅から約1・5㌔離れ、最寄りに新駅設置が検討されている。しかし千歳線は特急や貨物列車に加えて、インバウンド対策の快速エアポート増発も見込まれ、ダイヤの過密緩和が課題。現状の輸送力での対応は難しい。

 非公開での懇談後、上野市長は「JRからは課題もうかがったが、新駅設置は不可能ではないということなので、実務者で協議しながら進めたい」と期待を込めた。協議では、バスやマイカーを使った交通分散に関する議論や、新駅設置時の費用負担について議論する。

 島田社長は3月末の会見で、BP構想への全面的な協力姿勢を示しながらも、「新駅を造れば問題が解決するものではない」と指摘し、千歳線の輸送力強化を優先課題に挙げていた。


関連キーワード: さっぽろ圏 ボールパーク 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,520)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。