ふるさと納税を赤れんが庁舎改修に 道が寄付を受け付け

2018年04月06日 17時12分

 道総務部は、赤れんが庁舎改修費用に充てるための寄付を募集している。個人・法人を対象に、ふるさと納税制度を活用して受け付ける。改修費用を集めるとともに、一般の人にも改修に関わってもらうことで本道を代表する歴史的建築物を守る機運を高める。

 赤れんが庁舎は、1888年に完成し、内部・外部ともに老朽化が進んでいるため改修を決めた。老朽化した設備の更新や、耐震化、バリアフリー化を実施。改修後は、飲食スペースやミュージアムショップなどを整備し、観光拠点としての機能を強化する。2018年度に実施設計、19年度に着工し、22年度までに整備を進める。概算事業費は78億円を見込んでいる。

 寄付の受け付けは、ふるさと北海道応援基金と地方創生応援税制を活用する。1万円以上の寄付者のうち道外在住者へは返礼品を送るほか、100万円以上の寄付者には感謝状を贈呈する。希望者は改修後の赤れんが庁舎や道のホームページで名前や企業名を紹介する。

 問い合わせは総務課、電話011(204)5055まで。


関連キーワード: 北海道庁 庁舎

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,387)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,010)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (987)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。