GW前の開通目指し 世界遺産知床で横断道路の除雪進む

2018年04月07日 09時00分

 世界遺産・知床の開通に向けて奮闘―。網走、釧路両開建は6日、334号知床横断道路の除雪作業を公開した。ゴールデンウイーク前の通行止め解除を目標に、建設業者による懸命な除雪作業が進んでいる。

 334号知床横断道路羅臼町湯ノ沢―斜里町岩尾別間23・8㌔は、昨年11月6日から冬期通行止めとなっている。除雪は斜里側と羅臼側で3月7日からスタートした。

 網走開建所管の11・4㌔区間では斜里建設工業(本社・斜里)が、釧路開建所管の12・4㌔区間は尾田建設(同・羅臼)が担当する。

羅臼岳を背景に除雪を進めるロータリー車

 斜里側では知床峠を1・5㌔越えた地点まで除雪機械が到達している。雪壁の高さは、一番高い所で約2・5mで、例年に比べ積雪量が少なく、2017年の約3mを下回った。ただ、この日午前7時の温度はマイナス4度。寒さが残る中、2台のロータリー除雪車が豪快に雪を吹き飛ばした。

 網走開建網走道路事務所の川岸公文所長は「作業は順調で進捗(しんちょく)は約6割。例年より雪が少なかったため、油圧ショベルは昨年より2台少ない2台で進めている。3月に暖かい日が多く、滑りやすいため人力での作業には注意が必要」と気を引き締めている。

 斜里建設工業の上野義明副社長は「作業を進めていると、圧雪や氷で滑りやすい場所が多いと感じる。無事故無災害で業務を完了したい」と意気込んだ。関係者による懸命の作業が後押しし、もう少しで知床にも春の訪れがやってくる。


関連キーワード: 道東 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,521)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。