苫小牧店など改装 イオン北海道が18年度に20億円投入

2018年04月12日 08時30分

 イオン北海道は、2018年度の店舗活性化整備に約20億円を投じる。苫小牧店や釧路店などの改装と、小型店「まいばすけっと」の4店新設を計画。新規出店に関しては、21年以降に本格的に進める方針だ。

 11日の18年2月期決算発表で星野三郎社長が明らかにした。売上高は1.2%増の1866億9600万円、経常利益は4%増の85億9700万円で、ともに過去最高を更新。地場産品を提供するイオン道産デーをはじめとする国内フェアが注目されて集客率を伸ばし、7期連続で食品の増収につなげたことなどを要因に挙げた。

 18年度の店舗整備は札幌苗穂店や旭川西店、苫小牧店、釧路店、滝川店などで計画している。3月下旬にリニューアルオープンした札幌発寒店では、フードコート内に乳児用のカウンター、その近くに子どもの遊び場などの空間を創出。人気を集めていることから、他店舗でも順次広める方針だ。

 まいばすけっとは、1億4000万円を投じて4店舗の出店を計画。うち3店舗は月内にオープンする。

 新規出店については、地域のニーズを把握した新形態の店舗を検討。星野社長は「コンパクトで新たな出会いやコミュニケーションが生まれる店舗を開発する」とし、21年以降に開発を進める考えを示した。


関連キーワード: 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,194)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,389)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,970)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,811)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,176)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。