おとなの養生訓

おとなの養生訓 第133回「年齢とお酒」 肝臓のはたらきが低下

2018年04月13日 08時00分

 よくシニアの方が、「最近、お酒に弱くなった」「二日酔いになりやすくなった」「1次会で切り上げるようになった」と嘆いているのを耳にします。かく言う私も、立派な?アラカンで、昔に比べれば酔いが早く回ることを実感しています。年を取るとお酒が弱くなるのは明らかなのですが、それはなぜなのでしょうか?

 体内でアルコールを処理して無毒化するのは肝臓の役割です。肝臓にはアルコールを分解処理する2種類の酵素があり、これの作用で体内のアルコールはなくなります。この作用のためには、体中のアルコールを肝臓に運ぶ必要があります。これを行っているのが血液の流れ、血流です。血液が肝臓に順調に流れ込んで、はじめてアルコールの分解は進むのです。

 一方、肝臓は年を重ねるごとに、次第に老化します。それは血管の老化に伴って、肝臓に流れ込む血流が減少するためと考えられます。そのため、飲酒によって体に入ったアルコールが肝臓に運ばれる量は減ることになります。とすれば、アルコールの分解処理は遅くなるということになるわけです。

 肝臓に流れる血流が減ると、肝臓の細胞も減ってくるといわれています。もしそうなら、細胞が持っているアルコールの分解処理をする酵素も減るわけですから、これもアルコール処理が遅くなる要因となります。肝臓に流れ込む血流が減ると、二重の意味でアルコールは体に残りやすくなるのです。

 年を取るとお酒に弱くなるのは真実です。では、どう対処したらいいのでしょうか?もちろん、一番の対策は酒量を減らすことです。肝臓のはたらきは40歳代以降に低下するようなので、30歳代の酒量を目安として、その2、3割ぐらい減らす必要がありそうです。60歳代以降は5割まで減らすべきという専門家もいます。

 もう一つの方法は、肝臓の血流を減らさないようにすることです。これには、水分の補給が必要です。普段から水分補給を心がけ、飲酒中もお酒とは別に給水するのです。お酒は決して水分ではありません。もちろん、飲酒が終わった後にも水分補給をしましょう。あとは、体の血流を促進するため、楽しく語らい、おおいに笑うべきです。カラオケで声を出すのもいいでしょう。タバコは血流を減らすので、控えるのがいいでしょう。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,092)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,367)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,668)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,485)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,217)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。