ニセコの自然に溶け込む住宅がイタリアのデザイン賞で金賞

2018年04月27日 13時00分

        小西彦仁氏

 ヒココニシアーキテクチュア(札幌、小西彦仁代表)が設計した倶知安町内の住宅「TAKI」が、イタリアの世界的デザイン賞「エーダッシュ・デザインアワード」建築部門で金賞を受賞した。周囲の自然を余すことなく取り込み、地水火風を存分に味わえる空間デザインが評価された。住宅作品が受賞することはまれだという。

 この賞は、最高のデザインやデザインコンセプト、製品を選ぶ世界最大のデザインコンペ。ことしは、全99部門に100カ国から選ばれた。

 「TAKI」は、香港在住の外国人夫妻がオーナーのリゾートハウス。夫妻はニセコの自然に溶け込む建物を希望していた。

香港在住の外国人夫妻がオーナーのニセコに建設されたリゾートハウス「TAKI」

「TAKI」の外観

 敷地は斜面地で、雪対策と建物へのアプローチを確保するため、斜面に穴を掘り、ガレージとエントランスを挿入。その上に住空間を設けた。

 地中から上るイメージで、地上約7mのリビング・ダイニングに足を踏み入れると、大きな開口部から雪、樹木の自然が目の前に広がる。リビング両側の寝室からも自然を堪能できる。

 建物の強度を保ち、四角い開口部が、自然を絵のように見せるフレームとなるよう、コンクリート構造とした。

 この作品は、1月に行われたドイツの国際デザイン賞「アイエフデザインアワード」にも入賞している。

 小西氏は「世界的なデザイン賞を頂き大変光栄。今後も日本建築の美を北海道から世界へ発信したい」と話している。

 ◇概要▽RC造、地下1地上2階、延べ233m²、2017年冬完成▽躯体=瀬尾建設工業、内装=福島工務店


関連キーワード: 住宅 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,395)
藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,343)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,322)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,315)
アルファコート、北見駅前にホテル新築 「JRイン」...
2024年04月16日 (1,032)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。