道水産林務部が林業大学校の候補地 廃校活用など14カ所

2018年05月16日 15時00分

 道水産林務部は、2020年の開校を目指す仮称・道立林業大学校の講義・基礎実習拠点となる候補地をまとめた。誘致に名乗りを上げている11地域が廃校などの利用を提案し、道は効率的な教育環境の整備から3つの道有施設との併設を提起した。有識者懇談会や地域との意見交換を実施し、設置場所を決定する。

 林業大学校は学年定員40人、修学年限は2年。1年目に基礎知識を学ぶ拠点となる本校舎を整備、2年目に地域実習や長期企業実習を実施する地域拠点を複数設ける。

 候補は、誘致要望のあった11地域と道有関連施設の計14カ所。誘致地域では、廃校を活用した要望が最も多かった。他県の事例などから道の林業試験場、林産試験場、道立農業大学校との連携も視野に検討を進めていく。道有施設の場合は既存施設の増築が必要となる。いずれも実習棟の新築が必要となっている。

 林業大学校の候補地は次の通り。

 ◇本校舎▽芦別市林業大学校設立誘致期成会=旧常磐小(耐震化、実習棟新設)▽美唄市林業大学校誘致期成会=峰延中(耐震化、実習棟新設)▽林業試験場=庁舎施設一部共用可(校舎増設、実習棟新設)▽胆振東部地域林業大学校誘致期成会=厚真町旧軽舞小(実習棟新設)▽森町林業大学校誘致期成会=廃校利用(実習棟新設)▽林業大学校上川地域誘致期成会=サンルダム事務所・敷地提供(校舎増設、実習棟新設)▽林産試験場=庁舎施設一部共用可(校舎増設、実習棟新設)▽オホーツク林業大学校誘致協議懇話会=津別町旧相生小、滝上町滝上中(耐震化、実習棟新設)▽林業大学校十勝誘致協議会=具体提案なし▽道立農業大学校=利用可能施設なし(校舎増設、実習棟新設)▽林業大学校根室管内誘致期成会=中標津町の廃校利用検討

 ◇地域拠点▽林業大学校後志誘致協議会=廃校9校、文化会館等20施設▽知内町=旧中の川小▽南富良野町=かなやま湖スポーツ研修センター


関連キーワード: 北海道庁 学校 農林水産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • Easy維~持~!
  • 古垣建設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (14,229)
テイセンボウル解体へ 跡地8600m²利活用を検討
2018年07月23日 (3,570)
札幌市、東豊線コンコースをさっぽろ駅北側へ延伸
2018年08月07日 (2,822)
大通東1に再開発ビル 約10万m²、総事業費500億円超
2018年08月10日 (2,646)
南22条NTT北海道セミナーセンタ跡地に商業施設計画
2018年08月03日 (2,217)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第141回は「座りすぎ」。座っている時間が世界一の日本人。脳や体への悪影響が懸念されます。心配なあなたに提案です。