札幌市内の18年4月新規分譲マンション発売は99戸で6割増

2018年05月22日 18時00分

 札幌市内で2018年4月に新規発売された分譲マンションは、13物件で前年同月比59.7%増の99戸だったことが住宅流通研究所の調査で分かった。4月市場では過去4年間で最も多い戸数。ただ、ほとんどが期分け販売のため、月初の売り出しは1物件のみとなっている。

 新規発売の内訳は、中央区が6物件28戸、北区が1物件28戸、白石区が3物件21戸、西区が3物件22戸。新規分譲平均価格は4176万円、坪単価は189・4万円だった。

 4月の新規発売は前月より20戸少ない。12物件が期分け販売で、初売り出しとなったのは東急不動産の「ブランズ北33条第1期」のみとなっている。

 前年からの繰り越し分を含めた成約は138戸。4月の新規分では99戸に対して52戸(成約率52.5%)だった。

 最多成約は4月に発売した東急不動産の分譲マンションで、1期28戸に対し19戸。地下鉄北34条駅徒歩1分圏内の立地に強い引き合いがあった。次に多かったのは、キタコーとリアントの「シティホーム二十四軒ザ・レジデンス」で、11戸が成約した。

 4月末の在庫は前月比39戸減の330戸で、過去3年間で最少となった。完成済みの在庫は185戸、完成在庫比率は56.7%で、販売が長期化している。中央区での在庫比率は84%に上り、ほとんどが完成物件での販売だった。

 同研究所では「継続物件中心の市場で在庫消化が進んでいる」と分析している。


関連キーワード: さっぽろ圏 マンション

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

有人自動車道の第2青函トンネル 7200億円試算
2018年06月05日 (3,262)
「さっぽろ創世スクエア」誕生 都心再生に大きな弾み
2018年06月03日 (2,691)
JR苗穂駅新駅舎と自由通路が11月にも開業
2018年04月24日 (1,865)
相次ぐホテル建設 札幌市中心部で11カ所、投資に熱
2018年05月16日 (1,347)
路面電車延伸3地区で検討 札幌市がプロポ参加者を公募
2018年06月01日 (1,272)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第138回は「寝だめ」。休日の寝坊で睡眠の貯金をお考えの諸兄、寝だめは生体リズムの乱れを起こし、かえって寝不足になることも・・・。