16年8月台風で被災の2橋の架換、月末完了 帯広開建

2018年05月23日 13時00分

 帯広開建が清水町内で進めてきた国道38号の小林橋と清見橋の本橋架け換えが5月末に完了する。両橋とも2016年8月の台風で被災し、同10月から仮橋での通行となっていた。小林橋は28日午後7時、清見橋は29日午後7時からそれぞれ仮橋からの切り替え工事に着手し、翌日の午前6時ごろに新橋での対面通行を開始する見通しだ。

本橋が完成した小林橋(帯広開建提供)

 両橋とも、16年8月30―31日にかけて接近した台風10号の影響により河川が増水し、清見橋は新得側の橋台背面の道路が流失、小林橋は橋ごと流された。緊急復旧工事によって被災後1カ月余りで両橋とも鋼製の仮橋を設置し、通行止めを解除した。17年度から本格的に本橋の再整備を開始。ことし5月末の完成を迎えることができた。

 新しい本橋は、小林橋が橋長74・6m、幅員10m、清見橋が橋長50・2m、幅員12m。いずれも上部が2径間連結プレキャストセグメント桁、下部が逆T式橋台と小判形橋脚で構成。施工は両橋の下部が萩原建設工業、小林橋の上部がオリエンタル白石、清見橋はドーピー建設工業が担当した。


関連キーワード: 橋梁 災害 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,387)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,009)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (988)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。