「さっぽろ創世スクエア」誕生 都心再生に大きな弾み

2018年06月03日 09時30分

 大通と創成川が交わる札幌市の都心エリアに、新たなランドマーク「さっぽろ創世スクエア」が完成した。オフィスや放送局の入る高層棟が稼働を始め、10月には道内最大級の劇場を備えた文化交流拠点「市民交流プラザ」がオープンする。新たな価値を発信するにぎわい空間の誕生が未来の扉を開く。

 都心の高度利用を目指し関係地権者が20年以上研究を重ね構想をまとめ、2015年1月に着工した。事業主体は札幌市や民間で構成する札幌創世1・1・1区北1西1地区市街地再開発組合。

完成を迎えた創世スクエア

 建設費に約650億円を投じた大型再開発で、規模は地下4地上28階、S・SRC・RC造、延べ13万1085m²。高さ124mの高層棟は、低層階に北海道テレビ放送(HTB)放送局が入り、上層階には朝日新聞社や、企業のオフィスに利用する。

 10月7日には低層棟の劇場や図書館などで構成する札幌市の公共施設「市民交流プラザ」が開業し、施設はグランドオープンを迎える。4―9階を貫く文化芸術劇場は、道内初の多面舞台や3層のバルコニー席を備え、オペラやバレエなど都心から新たな価値を発信する。

 外周には緑多い歩行者空間を確保。西2丁目地下歩行空間との接続で地下鉄や大通地下街からのアクセスも高まる。

 一般業務代行者は日建設計・北海道日建設計共同体が務め、施工などの特定業務代行者は大成建設・岩田地崎建設・伊藤組土建・岩倉建設・丸彦渡辺建設共同体が担った。

 建物が林立し、周辺交通の多く制約の多い都心で、巨大な劇場空間を維持する構造など、高度な技術と施工、工程管理が求められた。ピーク時には1日2000人以上の建設従事者が、共同体の統括で従事。この先長く「地図に残る仕事」を完成に導いた。創世スクエアの誕生は、更新期を迎える都心再生に弾みをつけるに違いない。


関連キーワード: さっぽろ圏 大型

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.6k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (2.1k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.8k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.7k)
伊藤組土建が首位に 20年度上半期のゼネコン道内受...
2020年11月12日 (1.7k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。