おとなの養生訓

おとなの養生訓 第137回「そばののど越し」 少し噛んでのみ込む?

2018年06月08日 08時00分

 世の中には、そば通を自任している人がたくさんいます。昼食に必ずそばを選ぶビジネスマンも周りにたくさん見かけます。かく言う私も、そばには目がないほうで、行きつけのそば屋さんがありますし、出張先などで昼食をとるときも、そばを選ぶことが多いのです。

 そんな、大人気であるそばのおいしさを見極める着眼点というものがあります。まず、香りです。そば通は事のほかそばの香りを大事にします。だから、香りが失われないよう、そばは「挽きたて、打ちたて、ゆでたて」の三つを重視するのだとか。とにかく、そば粉を挽いてから、香りがどんどん失われるので、素早くそばに仕立てなければならないのです。

 歯ごたえを重視する人も多いですね。固めでごつごつ感のある太目の田舎そばが人気です。どうもそばは柔らかいのはいけないようです。確かにゆですぎたそばは始末に悪いものです。

 そして、そばといえば何といっても「のど越し」と、断言する人の多いことか。そばののど越しとは、どういうことでしょうか?本来、のど越しとは、のどを飲食物が通過していく様を感じ取ることであるといわれます。

 そばののど越しが良いというのは、長いそばが滑らかにのどを通過していくこと、というわけです。うーん、言いたいことは分かるのですが、どうも腑に落ちません。そばののど越しの良さが、その滑らかさにあるのなら、そばを丸のみにしていることになるからです。

 でも、さすがにそばを噛まずに丸のみにしてすすっている人にお目にかかることはありませんよね。それに、丸のみにしたら、そばの味そのものを感じることができなくなります。これはこれでもったいない。

 のど越しを強調する人は、そばを少し噛んで、のみ込めるくらいになったら、すぐさまのど越しを楽しんでいるのでしょうか?人気の田舎そばでこれをすると、のみ込みにくくて、あまり楽しめないと思うのは私だけでしょうか?

 私がそばを楽しむときは、それなりに噛んで、味わいを感じるようにしています。新そばの上物は、噛みしめると、さわやかな甘みが口の中に広がり、もり汁が必要ないほどです。そうでなくても、そばの風味ともり汁の味わいが混然となり引き立てあうのは、噛みしめなければ引き出せません。そばののど越し、あまり気にしていません。皆さんはどうですか?

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,194)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,814)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,994)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,919)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,243)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。