ノボシビルスク通信

ノボシビルスク通信 住宅投資 高水準を維持

2018年06月14日 16時00分

 【ノボシビルスクIDA】近年、ロシア・ノボシビルスク州の建設分野にはダイナミックな成長が見られる。2017年の住宅建設は延べ床面積が172万m²で、10年に比べて約70%増えている。15年にピークの173万m²を記録し、経済に逆風が吹く中でも高い水準を維持している。17年のこの分野の総投資額は500億㍔(約875億円)だった。人々はどんな住宅にお金を出したのか。また、住宅選びに当たって何を重視したのか。指標を調べると住宅購入者の好みが見えてくる。

■間取りや周辺環境重視

 17年の建設市場を詳しく見ると、ノボシビルスクでは792棟の住宅が建った。このうち90棟は9階建て以上の高層ビル、12棟は4階建て以下の低層ビルで、残り690棟は個人の一戸建てである。

 専門家たちは、住宅に対する人々の考え方が近年変わってきていると口をそろえる。それによると、住まいそのものだけでなく、周辺のインフラ(学校、幼稚園、ショッピングセンター、交通機関)が重視されるようになり、こうした環境の整った郊外が人気を集めるようになっている。

 一方、地下鉄駅との近さは以前と違って重要ポイントではなくなっているという。大事なことは間取りが理想的かどうか、また近所に公園か林、川などがあるかといったことで、住環境の優れた地域なら通勤時間が長くても問題視しなくなっているようだ。建設会社は市場の状況をわきまえていて、最近の開発エリアでは子どもの遊び場や運動場が整備されている。

 新築マンションでは快適さが新たなレベルに達しており、屋内には広々としたロビー、最新機能を備えたエレベーター、モーションセンサー付きLEDライトが完備されている。かつては珍しかったベビーカー置き場や自転車置き場もある。有識者たちはシベリアの住宅建設市場について、価格や設備、サービスなどの点で選択肢の豊かな市場だと指摘している。

住宅は周辺環境が重視されるようになってきた

最新型のエレベーターなども設置されている

■州政府が住宅建設後押し

 住宅建設は、ノボシビルスク州政府が戦略分野と位置付けて後押ししている分野でもある。州は、公務員の住宅購入支援や、老朽家屋・仮設住宅からの移住促進などを方針として掲げており、これに基づいて建設会社・不動産会社(ロシアでは両者を兼ねる企業が多い)向けの支援プログラムを打ち出している。

 建設関連業者は公的支援を利用しながら、顧客のさまざまなニーズに対応している。例えば購入資金の問題だ。ほとんどのノボシビルスクの不動産業者は、資金に関して多くのオプションを用意している。具体的には古い住宅の下取りや、頭金ゼロの住宅ローンなどだ。通常なら購入額全体の30%程度を頭金として求められるが、最近は「ゼロ・ローン」などのうたい文句で、頭金不要のローンが出てきている。

 こうして多くの業者が何らかの割引をするため、購入価格は安くなる傾向にある。ちなみにことし4月の集合住宅の平均購入額は333万㍔(約582万円)だった。1m²当たりの平均価格は5万8400㍔(約10万2200円)である。

 なおローン金利は日本よりかなり高く、今の平均は年利約10%だ。だが銀行によっては6%程度で提供するケースもある。一例を挙げると、建設・不動産の「VIRAストロイ」社は、大手銀行との提携で5.3%のローンを可能にしている。ロシア中央銀行によるとノボシビルスク州では17年に2万3172件の住宅ローンが新たに組まれた。その総額は398億㍔(696億円)だった。ローン期間は5年―30年が一般的だが、平均すると186・4カ月(約15年半)というデータがある。

 建物そのものについてはどうだろうか。よく話題になるのは壁材だ。気候の厳しいシベリアで、冬暖かく、夏涼しく過ごすため、どんな壁材を使うかが重要な問題となる。新築住宅の多くは、軽量コンクリート(モノリシック)パネル構造を採用している。

 これに続くのがプレハブ構造や、ブロックとコンクリートの組み合わせだ。3番目は一戸建てによく使われる資材で、早く建てられるサンドイッチパネル、シビト(オートクレーブ処理された気泡コンクリートパネルの一種)、れんが、伝統的な木材などだ。

 こうした建材のほとんどが州内で生産されている。地元企業の「アルマトン」社は、多様なサイズ・形状のパネルのほか、階段や玄関の部品など建材全般を製造している。

 ノボシビルスクの有力な住宅建設業者としては、前述の「VIRAストロイ」社や「建設イニシアティブ」社、「キャピタルインベストNSK」社、「ストリジー」社などがある。17年、各社はそれぞれ延べ床面積4万―5万5000m²の新築住宅を供給している。

住宅ローン値引きなど過熱する不動産市場

断熱効果を意識した壁材が数多く登場している


ノボシビルスク通信 一覧へ戻る

北海道建設新聞社とロシアのノボシビルスク州投資発展エージェンシーは、2018年2月12日にメディアプロジェクトの提携に関する覚え書きを調印しました。

 同社は州政府100%出資会社で、同州の経済情報を州外や国外へ発信しています。

 北海道建設新聞社では、ノボシビルスクの経済動向について同社から情報提供を受け、紙面で道内に発信するほか、インターネットを通じて幅広くお伝えしていきます。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (10.3k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (3.4k)
「北24条桜大橋」に決定 豊平川の新橋名称...
2020年12月17日 (2.3k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.8k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第198回は「お正月のお酒」。休息や水分の補給を充分にとりながら、お家でゆっくり楽しみましょう。