北海道横断道尾幌―糸魚沢 概略路線案を提示へ

2018年06月21日 08時00分

 北海道開発局はきょう21日、札幌市内で社会資本整備審議会道路分科会の第16回北海道地方小委員会(委員長・田村亨北海商科大教授)を開催し、北海道横断自動車道根室線尾幌―糸魚沢間(約28㌔)を対象とした2度目の計画段階評価を実施する。開発局が2017年12月に実施した地元アンケート結果や複数の概略路線案を提示し、費用対効果などを議論する予定だ。

 釧路市周辺の高規格幹線道路網は16年3月に道横断道白糠IC―阿寒IC間が開通。釧路外環状道路は既に釧路西IC―釧路東IC間が供用済みで、18年度中に釧路別保ICまで開通する予定だ。

 一方で、釧路市から根室市までの約120㌔は長らく凍結されており、19年開通予定の温根沼IC―根室IC間7・1㌔のみが事業採択されている状態。17年度から計画段階評価に入った尾幌―糸魚沢間は厚岸町内の約28㌔区間が対象で17年度から計画段階評価に入った。

 17年8月に開かれた第14回委員会では、並走する国道44号について市街地での事故が多く、長い縦断勾配や津波浸水予測範囲が存在するといった課題を抽出している。漁業や酪農の農産品輸送効率、釧路市に集中する高次医療や分娩施設への速達性・安定性の向上にも貢献することが指摘されている。


関連キーワード: 道東 道路 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (8,435)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,138)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,579)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,309)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,111)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。