おとなの養生訓

おとなの養生訓 第138回「寝だめ」 睡眠「貯金」はできない

2018年06月22日 08時00分

 明日は日曜日、久しぶりに家でゆっくりできるので、寝坊しようと考えます。来週もいろいろ忙しく、睡眠も十分にはとれそうもないので、寝だめだ…。翌朝、10時ごろにようやく目が覚めます。よく寝た感じがあり、何か得した気分。これで月曜日から頑張れそうです。ところが、月曜、火曜と仕事などが立て込んで、睡眠時間が4、5時間のことが続きます。やはり目覚めは悪く、もっと眠っていたい気持ちが残ります。日曜日に寝だめしたはずなのに…。

 結論を言うと、寝だめはできません。事前にいくら眠っても、毎晩、適切な時間の睡眠をとらないと、寝不足の状態になるということです。そもそも睡眠はなぜ必要なのかというと、脳を休ませるためです。一日中使い続けた脳には、相当な疲労が蓄積していると考えられます。

 ですので、徹夜をすると、次第に集中力を失い、作業の効率はおちてしまい、作業のミスや、文章の間違い、言い間違いなどが多くなります。この脳の疲労は睡眠によってのみ、取り除くことができると考えられます。事前にいくら睡眠をとっても、その後目が覚めている間に、脳には確実に疲労がたまるので、毎日睡眠は必要だということです。

 では、どのくらいの睡眠時間が適切なのかというと、これに非常に大きな個人差があります。毎日、3、4時間で十分な人もいれば、8時間、9時間と眠らないと、体調がすぐれない人もいます。日本人の平均睡眠時間は7・5時間程度とされていますが、これは、毎日、仕事、家事などをこなした上での時間ですので、必要な睡眠時間はもう少し長い可能性があります。

 一方、睡眠不足とは、脳の疲労が取り切れない状態をさします。こうした脳の疲労は蓄積する危険性があり、睡眠負債と呼ばれます。つまり慢性的な睡眠不足は、脳に疲労がたまって、体調に悪影響を及ぼすのです。最悪の場合、うつ病やがん、認知症の原因となりうることも指摘されています。

 残念ながら、睡眠は「借金」はすぐにたまるけど、「貯金」できないという、実に厄介な代物なのです。寝だめは生体リズムの乱れを起こし、次の夜に眠気が出にくくなり、寝付けなくなって、かえって寝不足になることも指摘されています。やはり休日であっても、規則正しい生活が基本なのです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,894)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,594)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,032)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,652)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,426)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。