津別消防署庁舎の建て替えで建設地の旧工場解体に着手

2018年07月12日 08時00分

 美幌・津別広域事務組合は、老朽化が進んでいる津別消防署庁舎の建て替えに向け、建設地となる旧小林ニットウエア津別工場の解体に着手する。津別町が6月定例町議会に解体負担金1億7345万円を追加する補正予算を上程し、可決された。発注は9月を予定しているが、発注方式は未定。工期は2019年8月末の完了を目指す。

解体する旧小林ニットウエア津別工場

 新町1にある消防庁舎は1972年に建設。美幌・津別広域事務組合が管理するRC造、2階一部塔屋1階、延べ1002m²の建物。町では老朽化が進んでいるため、17年度に耐震診断業務を発注。一部の耐震性が不十分なため、現庁舎向かい側の町有施設である旧小林ニットウエア津別工場(S造、平屋、延べ1376m²)を解体して建て替える。

 19年度は基本設計と実施設計を発注。20年度は当初予算に町が建設負担金を措置し、同年度内の完成を目指すスケジュールを想定している。


関連キーワード: 庁舎 建築 耐震 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • web企画
  • 北海道認定リサイクル製品

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (8,716)
自家発備え災害時も燃料を安定供給 住民拠点・中核SS
2018年05月06日 (4,130)
札幌市内復旧本格化
2018年09月09日 (3,893)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (3,512)
厚真で震度7 全道停電 全面復旧に1週間以上
2018年09月06日 (2,733)

連載・特集

連載 北海道150年を支える

150年を支える
北海道命名150年を記念し、将来を展望する連載を企画しました。第1部は全11回連載。

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第143回は「サバイバル」。地震や大規模停電。食料が手元にないと不安な心理は理解できますが、水があれば大丈夫です。