改修中の時計台 写真シートで本物そっくりに

2018年07月12日 13時00分

 外部改修工事に伴い休館している札幌市時計台で、正面部分の工事用足場に実物大の写真を印刷した、プリントシートが貼られている。これから夏の観光シーズンを迎えるが、観光客らは工事中でも写真撮影などで楽しむことができそうだ。

 中央区北1条西2丁目に位置する時計台は、旧札幌農学校演武場として1878年に建設。国の重要文化財にも指定され、札幌市のシンボル的存在として観光地としても人気だ。

 一方、老朽化が進んでいることから、4月から塗装の塗り替えや部材交換などの外部改修に着手。高橋組(本社・函館)の施工で、工期は10月15日までを予定する。

 これを受け、6月1日から10月31日の期間は休館。また建物の回りには作業用足場を設置しているため、外観も見れない状態だった。

■シート31枚使用し実物を表現

工事中でも写真撮影などが楽しめる

 しかし観光スポットとして人気が高く、これからは夏の観光シーズンも控えているため、東京・浅草寺の雷門や明治神宮の工事で取り入れられていた、プリントシートを札幌市でも導入した。

 シートは、縦5・1mと6・8m、横が各1・8mの2種類を計31枚使用して実物大の時計台を表現。作業は11日に社員ら6人が約2時間かけてシートを貼り付けた。

 12日には仮囲いに施設内部の展示物を紹介するパネル16枚を設置し、合わせて23日から市役所本庁舎1階でも期間限定で同様のパネルを展示。休館中でも時計台の魅力発信に努めている。

 現場代理人の伊藤明久建築部工事長は「工事を知らないで訪れる観光客らも多いので、実物ではないが時計台を楽しんでもらえればうれしい」と話していた。


関連キーワード: さっぽろ圏 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (8,711)
自家発備え災害時も燃料を安定供給 住民拠点・中核SS
2018年05月06日 (4,129)
札幌市内復旧本格化
2018年09月09日 (3,893)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (3,518)
厚真で震度7 全道停電 全面復旧に1週間以上
2018年09月06日 (2,733)

連載・特集

連載 北海道150年を支える

150年を支える
北海道命名150年を記念し、将来を展望する連載を企画しました。第1部は全11回連載。

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第143回は「サバイバル」。地震や大規模停電。食料が手元にないと不安な心理は理解できますが、水があれば大丈夫です。