北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省

2018年07月24日 19時01分

 国土交通省は24日、局長級の幹部人事を決めた。北海道局、北海道開発局関連では田村秀夫道局長が退任し、後任には和泉晶裕開発局長を昇格させる。開発局長には水島徹治事業振興部長が就任する。旧北海道開発庁採用の道局長と開発局長の起用は3年ぶり。31日付。(関連記事4面に)

 和泉 晶裕氏(いずみ・あきひろ)1986年北大大学院工学研究科修了後、旧北海道開発庁入庁。函館開建次長、関東地方整備局横浜国道所長、開発局道路計画課長、道局地政課長を歴任し、2017年7月から現職。57歳。

 水島 徹治氏(みずしま・てつじ)85年北大大学院工学研究科修了後、開発庁入庁。開発局河川工事課長、同開発調整課長、関東地整常陸河川国道所長、道局参事官を経て、17年7月から現職。58歳。


関連キーワード: 人事 国交省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,181)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,390)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,969)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,807)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,172)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。