北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省

2018年07月24日 19時01分

 国土交通省は24日、局長級の幹部人事を決めた。北海道局、北海道開発局関連では田村秀夫道局長が退任し、後任には和泉晶裕開発局長を昇格させる。開発局長には水島徹治事業振興部長が就任する。旧北海道開発庁採用の道局長と開発局長の起用は3年ぶり。31日付。(関連記事4面に)

 和泉 晶裕氏(いずみ・あきひろ)1986年北大大学院工学研究科修了後、旧北海道開発庁入庁。函館開建次長、関東地方整備局横浜国道所長、開発局道路計画課長、道局地政課長を歴任し、2017年7月から現職。57歳。

 水島 徹治氏(みずしま・てつじ)85年北大大学院工学研究科修了後、開発庁入庁。開発局河川工事課長、同開発調整課長、関東地整常陸河川国道所長、道局参事官を経て、17年7月から現職。58歳。


関連キーワード: 人事 国交省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,262)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,577)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,413)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,196)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,836)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。