おとなの養生訓 第140回「ラーメン」 スープ控えて塩分対策

2018年07月27日 08時00分

 北海道の名物の一つで、ビジネスマンのお昼の友であるラーメン。いや、ラーメンが嫌いな人はほとんどいないのではないか、と推測できるほどの国民食となっています。ところが、ラーメンは一方で悪いイメージが付きまとっています。

 高カロリー、高脂肪、炭水化物過多、塩分過多…。まるで、生活習慣病の元凶、健康の敵であるような言われ方です。おかげで、ラーメンを食べるときには、どこか後ろ暗い気持ちになります。タブーを犯すような具合の悪さです。でも、それを感じつつも、手が出る。そんな魅力があるのも間違いありません。

 では、冷静にラーメンを栄養学的に見直してみましょう。もちろん、もはやラーメンは1種類ではなく、味、材料、分量ともバラエティーに富んでいますので、一概には言えないのですが、標準的といわれるラーメンを想定して考えてみます。

 ラーメン一杯の総カロリーは500から600㌔㌍です。これは意外と少ない量といえます。カレーライスと同じ程度ですし、健康的といわれる和定食でも500㌔㌍ぐらいです。お昼をラーメン一杯で、というのは決して悪いことではありません。ただ、ラーメンライスになると合計で900から1000㌔㌍になるので、これは避けましょう。締めのラーメンが良くない理由は、シンプルに1日4食目であるということです。

 脂肪の量は焼豚や背脂がたっぷりでなければ、それほど多いものではないことが分かっています。それよりは、やや炭水化物が多めになるというところが問題ですが、パスタやうどんに比べるとさほどの量ではないようです。

 ラーメンは栄養バランスの悪さが指摘されています。つまり野菜が足りないということですが、それは昔からの焼豚、ザーサイ、なるとが載ったラーメンのことで、わが札幌ラーメンはもやしたっぷり、ネギもどんと載っていますのであまり心配ありません。

 おそらく、一番の問題は、一杯で7、8㌘にもなる塩分でしょう。高血圧との関係でいうと塩分は1日10㌘以下、いや8㌘程度といわれているので、ラーメン一杯で1日量になってしまうからです。対策は、スープを飲み干さないこと。スープがうまいのはよく分かっているのですが、ここは我慢です。今はやりのつけ麺なら、加減できますので、お勧めかも。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


関連キーワード: おとなの養生訓

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,890)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,157)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,036)
リゾート化進む倶知安町山田 上水道整備が難航
2020年07月27日 (1,051)
「解体は拙速」 北海道百年記念塔の内部視察報告会
2020年07月29日 (1,041)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。