最先端のAI研究など紹介 北洋銀のものづくりテクノフェア

2018年07月27日 14時00分

 北洋銀行は26日、「ものづくりテクノフェア2018」を札幌市内のアクセスサッポロで開いた。北海道命名150年を記念する今回は、過去最多の238企業・団体が出展。生産性向上につながるロボットの展示のほか、道内大学・企業による最先端のAI(人工知能)研究などを紹介する「北海道のものづくり」ゾーンを設けた。函館と旭川の両高専による、ロボットを使った風船割りの実演もした。

 北海道のものづくり産業の振興を目指すこのフェアは、今回で12回目を数えた。優れた技術や製品を有する道内外の中小企業、大学、支援機関などが参加。ものづくり人材の育成を目的に、札幌工高の生徒や道職業能力開発大の学生らを招待した。

 開幕式には、北海道経済産業局の牧野剛局長や札幌市の秋元克広市長らが出席。あいさつで安田光春頭取は「北海道の発展のためには、経済波及効果が大きく雇用吸収能力の高い、ものづくり産業の発展が欠かせない。企業のサポートを通じて道内ものづくり産業の底上げをしたい」と話した。

牧野経産局長や秋元札幌市長らが、企業の担当者から説明を受けた

 食品加工機械や環境・エネルギーのほか、北洋イノベーションファンドや産学官金連携といった分野で構成。産業交流では、北海道・東北ニュービジネス協議会や東京都大田区、静岡県、三重県、名古屋商工会議所が道内企業とのマッチングを求めて出展した。

 環境・エネルギーでは、カイトー商会(釧路市)がパッシブ換気を採用したエアコン1台暖房の省エネ住宅を提案。北商コーポレーション(札幌)は、遠赤外線を利用した融雪ブロック「REGALO」をアピールした。

 金属・機械・自動車では、世良鉄工(当麻)が北方圏住宅の新建材として鋼製ラチス梁「セラフレーム」を提案。佐々木機工(札幌)は工場向けの高性能潤滑剤やケミカル品を出展した。

 その他の製造では、ソシヤ(札幌)が無機ガラスコーティング剤を紹介。ハイテックシステム(恵庭)の低電力広域無線(LPWA)を使った安全管理システムにも注目が集まっていた。

 このほか、経済産業省と経産局主催による、ものづくり基盤技術の振興施策説明会を開催。午後からは北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会による、AI/IoT等導入促進セミナーを開いた。


関連キーワード: 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 日本仮設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,235)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,075)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,617)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,386)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,022)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。