事業費は42.6億円 砂川市庁舎の基本設計概要まとまる

2018年08月15日 08時00分

 砂川市は、市庁舎建設の基本設計概要をまとめた。新庁舎の規模はS造、地下1地上4階塔屋1階、延べ5760m²。概算事業費には42億6200万円を試算しており、2019年8月の着工、21年度の供用開始を目指す。

 市は、1970年建設で老朽化が進み、バリアフリーにも対応していない現庁舎(RC造、地下1地上3階塔屋2階、延べ5005m²)の改築を計画。現在市立病院の職員駐車場として利用されている土地(西7条北2丁目)に建設する。

 新庁舎は①市民の安全・安心を支える庁舎②ユニバーサルデザインの導入や省資源・省エネルギーに対応した人と環境に優しい庁舎③市民に親しまれ、市民交流・協働の拠点として開かれた庁舎④機能性に優れ、柔軟で効率的な庁舎―の4点を基本理念に掲げている。

新庁舎の北東側外観イメージ

 規模はS造、地下1地上4階塔屋1階、延べ5760m²で、正面玄関は北側に設置。駐車場は新庁舎の北側のほか、現庁舎解体後の跡地も活用して設け、一般車、公用車など合わせて約330台分を確保する。

 階層ごとの計画を見ると、市民利用の多い窓口機能は1、2階に集約。1階には情報発信や市民の交流の場となるフリースペースを配置し、市民説明会などに使用する大会議室は2階に設置する。防災機能の拠点となる理事者室、防災担当部署、防災対策本部会議室としても機能する市長会議室などは3階に整備。議会機能は4階に置き、展望ラウンジも新設する。

 また、これまではエレベーターが設置されておらず、バリアフリーに対応できていなかったため、新庁舎ではエレベーターを2基設置。環境負荷低減・省エネルギー計画には、地中熱ヒートポンプを設置し、ランニングコストを抑制することを盛り込んだ。

 概算事業費は、建設費に32億8200万円、土地造成など外構に1億1900万円、旧庁舎解体・駐車場整備などに2億5200万円、調査設計費、移転費などに6億900万円の計42億6200万円となっている。

 市は、8月中に市民説明会やパブリックコメントで意見を集め、9月ごろから来年6月までの予定で実施設計に取り組み、来年8月をめどに新庁舎建設に着工する考え。完成は20年度末、供用開始は21年5月ごろを予定。その後、現庁舎を解体し、駐車場の造成などを進める見通しだ。


関連キーワード: 庁舎 道北

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,063)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,213)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,189)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,713)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,312)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。