中古MS価格、最高値に 札幌都心部が押し上げ

2018年08月17日 13時00分

 道内の中古分譲マンション価格が上昇を続けている。不動産情報サービスの東京カンテイによると、2018年6月の中古分譲マンション平均価格(70m²換算、平均築年数25・8年)は、前月比1.3%増の1609万円となり、07年1月の調査開始以来、最高値を記録した。新築分譲マンション価格の高騰に連動し、中古事例が多い札幌都心部で右肩上がりが継続。全体を押し上げている。

 札幌市内の平均価格は、築年数25・8年の70m²換算で1.5%増の1660万円と、過去最高を更新した。

 同社の担当者は、首都圏の中古マンション利回りが3、4%台と低下し始めたことで、「投資家が利回りの良い札幌や沖縄に目を向けている」と指摘。さらに、中央区で坪単価400万円を超える高級マンションが出始め、高騰する新築物件に引きずられるように、中古も高値で取引されていると説く。

 札幌市内10区の価格を見ると、中央や東、南、西、厚別、清田、豊平の計7区が前月より上昇。最も事例数が多い中央区は1.4%増の1974万円となり、2000万円台が目前となった。

 札幌市以外では21事例の函館市が3.8%減の1363万円、4事例の旭川市が8.4%減の607万円。35事例の小樽市は0.8%減の1138万円となっている。


関連キーワード: さっぽろ圏 マンション

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (8,711)
自家発備え災害時も燃料を安定供給 住民拠点・中核SS
2018年05月06日 (4,129)
札幌市内復旧本格化
2018年09月09日 (3,893)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (3,518)
厚真で震度7 全道停電 全面復旧に1週間以上
2018年09月06日 (2,733)

連載・特集

連載 北海道150年を支える

150年を支える
北海道命名150年を記念し、将来を展望する連載を企画しました。第1部は全11回連載。

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第143回は「サバイバル」。地震や大規模停電。食料が手元にないと不安な心理は理解できますが、水があれば大丈夫です。