訪日客対応、観光施策は急務 菅官房長官道内視察で痛感

2018年08月22日 17時00分

 菅義偉官房長官は21日、2019年10月の主要20カ国・地域(G20)観光大臣会合の開催地に決まった倶知安町などを訪れた。会場となるホテル建設現場などを視察し、西江栄二倶知安町長らから施設概要やインバウンドによる町の活性化状況の説明を受けた。記者会見では本道におけるインバウンド増加スピードに合わせた観光施策の必要性を強調した。(関連記事2、11面に)

 菅官房長官は、本道での観光産業の現状を確認することを主な目的に20日来道。同日は釧路管内の阿寒湖などを訪れた。

 2日目の倶知安町訪問には、西江町長や高橋はるみ知事らが同行。G20観光大臣会合の会場となる「パークハイアットニセコホテルアンドレジデンス」の建設現場では、施設模型を見ながら同町でのインバウンド増加状況と、次々と進むリゾート施設計画を聞いた。

会合開催の予定施設について西江倶知安町長から説明を受ける菅官房長官(右)

 その後、同町山田地区のニセコアドベンチャーセンターで、ニセコの魅力を発信する活動に取り組むニセコプロモーションボード代表のロス・フィンドレー氏とリゾート開発について意見交換。小樽市内の小樽芸術村も見学した。

 新千歳空港では、円滑な入国審査のために導入したバイオカートなどを視察。同空港における入国者数や航空機発着数の推移などを確認した。

 空港視察後の記者会見で菅官房長官は、増え続けるインバウンドへの対応が急務であることを指摘し、観光プロモーション戦略を行う国と自治体の協力強化を提起。その上で「観光施策を戦略的、機動的に進めていく必要があることを痛感した。スピード感を持って対応する」と述べた。


関連キーワード: 地域振興 景気動向

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 東宏
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,113)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,479)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,451)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,087)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。