地域の安全安心守るヒーロー「建設戦士」 動画でPR

2018年08月29日 14時00分

「俺がやらなきゃだれがやる」と使命感に燃える建設戦士ツクルンダー

 空知建設業協会(砂子邦弘会長)は、若年層の入職促進につなげようと、PR動画「建設戦士ツクルンダー」を制作した。建設戦士ツクルンダーが自然災害などに立ち向かい、生活に欠かせないインフラ整備に取り組む姿を熱演。きょう29日からインターネットで動画を公開する。制作した同協会入職促進特別委員会の谷村明紀委員長は「これを契機にますます建設業をPRしたい」と話している。

 同協会では、少子高齢化などで建設業の担い手不足が課題となっている中、入職促進特別委員会を昨年設置。若年層の入職促進に向けた活動の一環として、これまでの建設業の「きつい・汚い・危険」というイメージを払拭(ふっしょく)し、建設業が地域で果たす役割や仕事内容を分かりやすく伝えるPR動画「建設戦士ツクルンダー」を自主制作した。

 建協の若手メンバーで結成したTHE空建(くうけん)BANDのオリジナルソング「いくぞっツクルンダー」をバックミュージックに、「建設戦士ツクルンダー」が大雨や大雪などの災害に立ち向かう様子や、道路や河川、農業、建築工事、維持・除雪などのインフラ整備に取り組む様子が収録されている。建設業の仕事内容を紹介するパートを含め約6分で構成し「地域社会の安全安心を守る使命を建設業が担っている」というメッセージを伝えている。

 出演者や音楽、編集などは全て、同委員会や空知経営研究会(葉月会)のメンバーが中心となり制作。動画には同協会の役員も多数出演する。オリジナルソングの「♪ マチを守っているヒーローは テレビの向こうのアイツじゃなくて そう俺たちこそが建設戦士ツクルンダー」という味わい深い歌詞にも注目だ。

 動画は、URL(https://youtu.be/734b4whBfY8)や同協会のホームページからも閲覧可能。29日から札幌で開催される土木学会全国大会の開催に合わせ、31日まで札幌駅前通地下歩行空間でも上映される。


関連キーワード: 人材確保

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,385)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,462)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,320)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,211)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,684)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。