路面電車新型低床車両をきょう一般公開 札幌市交通局 

2018年09月01日 07時00分

 札幌市交通局は30日、10月上旬に運行開始予定の路面電車新型低床車両(1100形)の報道機関向け内覧会を開いた。段差や傾斜が解消され、通路に広さを持たせるなど利便性が向上した内部を披露した。

 1100形は、市電ループ化時に導入した3連接のA1200形低床車両(愛称・ポラリス)の通路幅が連結部や一部車体で狭かったのに対し、約1・2mと市所有の車両で最も広く確保。

通路幅を広く確保した

 乗車口から降車口まで段差や傾斜のない構造を実現し、座席は全て、横1列に並ぶロングシートを採用した。

 市担当者は、ポラリスで1カ所だった車いすスペースを2カ所に増やすなど、「多くの人に利用しやすい車両になった」と説明した。

 車体が一つだけの単車タイプの構造で、定員は60人。長さはポラリスと比べ約4m短い13mで、幅は2・3m、高さは3・8mと同程度になっている。

 9月1日の市電フェスティバルでは、車両一般公開と合わせて、愛称投票を実施する予定だ。

札幌市交通局

 9月1日午前10時から午後4時まで、市電フェスティバルを開催する。会場は電車事業所と隣接するグラウンド。

 路面電車新型低床車両(1100形)を一般公開し、合わせて愛称投票を実施。このほか、市電との綱引きや架線修理車の乗車体験、路面電車100周年記念のパネル展示、市営交通オリジナルグッズ販売なども予定している。

 会場には駐車場がないため、同局は市電での来場を呼び掛けている。


関連キーワード: さっぽろ圏 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,186)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,796)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,984)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,970)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,232)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。