台風被災から2年 273号高原大橋がきょう開通

2018年09月04日 12時00分

 2016年8月の台風10号で被災した273号高原大橋が架け換え工事を終え、4日に開通する。災害発生から2年。被災直後の応急復旧から新たな橋への架け換えまで、建設業者の懸命の努力が実を結んだ。

 上川町層雲峡の石狩川に架かる高原大橋は橋長125m、幅員7・5mの4径間単純鋼板桁橋で、1973年に完成した。16年8月の台風10号に伴う河川増水の影響を受け、P2橋脚が1m以上沈下し、上部が折れ曲がる被害が発生。荒井建設が迂回路となる仮橋をいち早く設置し、同9月30日に通行止めを解除した。

仮橋(手前)による交通の確保と新橋への架け換えに建設業が活躍した(旭川開建提供)

 今回開通となる新たな高原大橋は、橋長170・3m、全幅8・68m(路肩両側1m、車道6m、カーブ部分の拡幅0・68m)の4径間連続曲線箱桁橋。下部は逆T式橋台2基と壁式橋脚3基で構成し、基礎はA1とP1が直接基礎、P2、P3、A2が杭基礎となっている。構研エンジニアリングが設計し、施工は下
部が生駒組と廣野組、上部は巴コーポレーション、床版は廣野組が担当した。

 開通に向けては、3日の午前8時から仮橋で通行規制を実施し、新橋の起点と終点部分で舗装の掘削による段差解消などを進めていた。4日は午前8時から片側交互通行規制を行いながら掘削部分に新たな舗装を施す。全面開通は午後5時ごろの予定となっている。

 開通後は、残る仮橋や仮道の撤去を廣野組で施工。最終的な工事の完了は19年2月ごろとなる見込みだ。


関連キーワード: 橋梁 災害 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,260)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,525)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,308)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,976)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,291)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。