里塚、清田地区で応急危険度判定 立入禁止は83棟に

2018年09月11日 15時00分

 札幌市は、地盤沈下などの被害が著しかった清田区里塚、清田一部エリアの建築物応急危険度判定結果をまとめた。調査した514棟中、立ち入り禁止を呼び掛ける赤色の「危険」が約16%の83棟に上り、うち里塚エリアで7割を占め、黄色の「要注意」は84棟、緑の「調査済み」が347棟。このほか、問い合わせが多数あるものの、市職員のみで対応しているため限りがある状況とし、今後の対応を検討している。

 調査は里塚1条1―3丁目、清田7条2―3丁目の一部を対象に7、8日に実施した。

 504棟がW造で、さらに454棟が戸建てという状況。このため「危険」や「要注意」もW造に集中している。

 判定結果を見ると、里塚地区は288棟中、6割の183棟は「調査済み」と問題はないものの、「危険」がW造61棟、S造1棟の計62棟、「要注意」がW造41棟、S造2棟の計43棟。建物自体の損傷というよりも、地盤沈下によって全体が傾斜している建築物が複数確認された。

 清田地区は226棟中、「危険」がW造21棟、「要注意」がW造39棟、RC造2棟の計41棟、「調査済み」が計164棟という内訳。

 被害が発生した多くの住宅が傾斜地に立地しており、地盤沈下などで建築物全体のほか、擁壁や塀も損傷や傾きがあった。

地盤沈下などによる建物の浸水や傾きで「危険」となった建物


関連キーワード: さっぽろ圏 災害 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,764)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。