「絶えず挑戦する会社に」 岩崎の古口聡社長に聞く

2018年09月12日 17時00分

 ドローンやICT施工など先端技術がキーワードになる建設業で、古くから測量会社や土木コンサル、自治体への技術支援を担っている岩崎(本社・札幌)。最近は自動車部品メーカーのデンソーから出資を受けたり、株式上場を目指すなど、さらなる高みを視野に入れている。古口聡社長に同社の将来像を聞いた。

 ―2020年ごろの上場を目指している。

 関係先からは、総資産や売上高など会社規模を考えると東証2部が相応だと言われているが、現状では定まっていない。

 上場は人材採用とブランド強化が狙い。当社は若い人にとって魅力的な事業を展開していると思うが、就職先となると、上場企業や名の知れた会社に負けてしまう。学生の親を含め、企業に安定や大きさを求める傾向は強い。

 工学系の学生で「北海道で暮らしたい」という人に入ってもらえればありがたい。ここ3―4年、志願する学生が少ないのが現状だ。

 金融機関から十分融資を受けているので、一般投資家から資金調達してもらう必要はない。しかし、当社のような中小企業がステップアップするには〝上場会社〟のブランドが必要だと感じている。

 ―デンソーの資本参加については。

 18年3月末に1億5000万円の出資を受け、デンソーが株主に加わった。ドローンを使った橋梁点検や3次元計測などで協業関係にあり、そうした関係強化の証として資本参加に至った。

 最初の試作機から3年が過ぎ、試行錯誤の末、突風でも安定した姿勢を保つ「HDC02」を上市する準備ができた。精度の高い写真が撮れるため、橋梁点検用の写真撮影など広く平坦な面の3次元計測を早く正確に処理できる。

 今後のビジネス展開に向け、社内にドローンを飛ばすための教育者と、集めた画像を処理するための専従者を2人ずつ置いている。外から取り込んだデータを点群処理して返すクラウドサービスも始める方針。将来的には、コンクリート構造物のひび割れに対し、撮影画像の解析サービスもクラウドを介して始めたいと考えている。

 ―近年のi―Constructionについて。

 重機オペレーターや現場技術者の不足に対応するために情報化施工は不可欠。3次元で設計したり出来形計測するのは、省力化の点で大変有効と考える。

 今後、トンネルや橋梁なども3次元化すれば、調査設計、施工、出来形計測、維持管理のライフサイクルを効率よく回すことができると思う。

 社会インフラ基盤は国民生活、日本経済にとって必要不可欠なものであり、インフラの安全性や耐久性を効率よく維持管理するために3次元データは威力を発揮すると考えている。

 ―岩崎の強みは。

 i―Constructionで3次元での調査、設計、ICT施工、出来形計測を一連でサポートできるのは強み。計測においてもMMC(モバイルマッピングシステム)、トータルステーション、RTK―GNSS、レーザースキャナー、UAVなど現場の状況に応じて提案できる。

 絶えず新しいことに挑戦し続け、失敗を恐れないで行動する社風が背景になっている。

 ―今後の経営計画を。

 第75(21年3月)期までの中期経営計画として売上高87億6000万円、営業利益6億6100万円、経常利益5億4000万円、当期純利益4億7700万円を掲げている。環境計測と調査設計、土木システム、情報処理の4事業のうち、環境計測の売り上げは18年3月期実績より60%超、土木システムも35%超の拡大を目指す。

 ―将来どういう会社でありたいか

 絶えず新しいことにチャレンジしたい。

 現状でも、顧客の使う様子をイメージできないシステムやサービスは止めるが、基本的にやってみなければ分からないことはゴーサインを出している。

 意思決定の早さは岩崎の特長。新しいビジネスに挑戦することと、利益重視や株主還元がメインの株式上場は真逆のベクトルだが、イノベーティブを忘れてはいけないと思う。

 古口聡(ふるぐち・さとる)1959年1月30日生まれ、札幌市出身。日大生産工学部管理工学科卒、82年沖電気工業入社。85年に岩崎へ入社し、東京営業所長や取締役社長室長、専務取締役を経て、99年11月から現職。


関連キーワード: ICT

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,013)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,682)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,098)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,716)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。