未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 北海道ティーシー生コン 中谷唯人さん

2018年09月13日 07時10分

出荷試験の基礎を勉強中

中谷唯人(なかや ゆいと)さん

 今春、小樽工業高校(現・小樽未来創造高校)を卒業し、北海道ティーシー生コン(本社・北斗)に入社した。現在は札幌工場に所属。先輩社員に同行し、試験係としてコンクリート打設現場を回っている。

 初任給で母に腕時計をプレゼントした。弟と祖母、祖父を交えて出前のすしを振る舞った。本州への単身赴任で不在だった父には、お盆の帰省時に顔を合わせ、財布を贈った。

 勉強が好きじゃなく、大学や専門学校への進学は全く考えていなかった。「地元の安定した会社で働ければ、どこでも良かった」というのが当時の率直な気持ち。恩師・飯島政彦教諭の勧めで同社を志願した。

 〝仕事は楽しくやるもの。楽しくなければ続かない〟というのが成田真一社長の持論。同社には斉藤侑希さん、北川凌太郎さん、轡田大亮さんと20代の樽工OBが在籍し、経験を重ねている。「自分に務まるだろうか」と迷っていたとき、3人の存在が背中を押した。

 現場では先輩たちから「もっと早く仕事をこなそう」と諭されることもしばしば。「先輩は段取りが上手で作業が早く、周りを汚さない。今はしっかり出荷試験の基礎を身に付けたい」と話す。

 仕事もプライベートも充実の毎日。ただ、コンクリートは奥が深く、試験業務に向かうには基礎知識の習得が欠かせない。「進学していたよりも勉強しているかも」と笑顔を見せる。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,750)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,959)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,270)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,300)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,063)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。