1次審査通過、北海道空港ら 道内7空港一括民間運営委託

2018年09月14日 20時00分

 道内7空港の一括民間運営委託に関する1次審査に北海道空港や三菱地所の連合、フランスの空港運営会社ヴァンシ・エアポートやオリックスの連合、パリ空港公団や加森観光の連合が通過したことが、関係者への取材で分かった。今後、各空港管理者や地方公共団体と、選考通過者の間で2019年4月ごろまで競争的対話を進め、2次審査を経て同7月にも優先交渉権者を決める見通しだ。

 国土交通省は12日、応募があった4連合の書類などを審査した結果、3連合を選定したと発表したが、構成企業名は公表していない。

 競争的対話を経た2次審査の書類期限は19年5月。優先交渉権利者は8月に基本協定を結び、SPC(特別目的会社)を設立。10月に実施契約を結ぶ流れとなっている。

 空港の運営移行開始は、新千歳が20年6月1日、旭川が同10月1日、稚内、釧路、函館、帯広、女満別が21年3月1日をそれぞれ予定する。事業期間は30年とし、ターミナルビルなど非航空系事業と滑走路など航空系事業を一体的に担う。


関連キーワード: 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,023)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,468)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。