冬季五輪26年招致断念 30年大会へ対話継続

2018年09月18日 19時00分

 国際オリンピック委員会(IOC)と、冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市、日本オリンピック委員会(JOC)は17日、北海道胆振東部地震の復旧・復興を優先するため、札幌市の招致目標を2030年大会に切り替え、三者で対話を継続することに合意した。

 IOCは、26年招致で次のステップとなる「立候補ステージ」の候補都市リストに札幌を入れないこととした。市は震災の復旧・復興活動にIOCの理解を得て30年大会招致に目標を変更し、対話を続けることになる。

 同日、胆振東部地震の発生を受け、町田隆敏副市長と竹田恒和JOC会長が、スイス・ローザンヌのIOC本部を訪問。トーマス・バッハIOC会長と会談し、合意に至った。

 会談では町田副市長が秋元克広市長の書簡をバッハ会長に伝達。市内の一部や道内の一部で被害が大きく、震災復興に全力を尽くすため、立候補ステージの招致活動が困難とするメッセージを伝えた。バッハ会長は「復旧、復興に全力で当たってほしい」と理解を示した。

 秋元市長は18日に記者会見を開き「(26年大会の)招致は困難と理解を頂いた。まずは震災の復旧復興、被災者の生活支援に取り組む」と強調。その上で大会が「復興した札幌、北海道に多くの人が来るきっかけとしたい」と述べ、計画を見直し、市民同意の上で30年招致を目指す姿勢を示した。

 30年招致には、これまで米国のデンバー、リノタホ、ソルトレイクシティの3市が関心を示しているほか、ノルウェーのリレハンメルなどの名前が挙がっている。


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,860)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,413)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,309)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)
コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン
2020年04月28日 (931)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。