冬季五輪26年招致断念 30年大会へ対話継続

2018年09月18日 19時00分

 国際オリンピック委員会(IOC)と、冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市、日本オリンピック委員会(JOC)は17日、北海道胆振東部地震の復旧・復興を優先するため、札幌市の招致目標を2030年大会に切り替え、三者で対話を継続することに合意した。

 IOCは、26年招致で次のステップとなる「立候補ステージ」の候補都市リストに札幌を入れないこととした。市は震災の復旧・復興活動にIOCの理解を得て30年大会招致に目標を変更し、対話を続けることになる。

 同日、胆振東部地震の発生を受け、町田隆敏副市長と竹田恒和JOC会長が、スイス・ローザンヌのIOC本部を訪問。トーマス・バッハIOC会長と会談し、合意に至った。

 会談では町田副市長が秋元克広市長の書簡をバッハ会長に伝達。市内の一部や道内の一部で被害が大きく、震災復興に全力を尽くすため、立候補ステージの招致活動が困難とするメッセージを伝えた。バッハ会長は「復旧、復興に全力で当たってほしい」と理解を示した。

 秋元市長は18日に記者会見を開き「(26年大会の)招致は困難と理解を頂いた。まずは震災の復旧復興、被災者の生活支援に取り組む」と強調。その上で大会が「復興した札幌、北海道に多くの人が来るきっかけとしたい」と述べ、計画を見直し、市民同意の上で30年招致を目指す姿勢を示した。

 30年招致には、これまで米国のデンバー、リノタホ、ソルトレイクシティの3市が関心を示しているほか、ノルウェーのリレハンメルなどの名前が挙がっている。


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,185)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,388)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,169)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,888)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,647)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。