道産木材で大空間実現 住計画FURUTAが見学会

2018年09月29日 14時00分

 住計画FURUTA(本社・帯広、古田剛好社長)は9月27日、帯広市内で道産木材のハイブリッドトラス構法を採用して施工したプレカット工場の見学会を実施した。市町村職員や設計、建設会社から30人が参加。帯広最大級となる木造建築を見て回り、構法に関心を寄せた。

 工場は木材加工などを手掛けるマルジュウランバー(本社・帯広、中田隆之社長)が総工費約1億円をかけて2017年9月に着工、18年3月に完成した。設計は山脇克彦建築構造設計、施工は住計画FURUTAが担当。W造、平屋、延べ1000m²の規模で、1スパンが20mある大規模空間。カラマツを中心とした道産木材を100%使用している。

道産カラマツ材を使用した工場を見学した

 躯体にはATA(本社・富山県滑川市、大倉義憲社長)が取り扱うハイブリッドトラス構法を採用。一般流通材と標準化した金物を合わせて最大50mのスパンまで対応できるため、低コストで工期短縮も実現できる。

 見学会に先立ち大倉社長が「一般流通材で大空間を実現」と題してATAハイブリッドトラス構法の概要や道外の施設を紹介。続いて工場でプレカットのデモンストレーションも実施した。

 古田社長は「当社では初めて採用した構法だったが、現場の混乱もなく完成品を見て素晴らしいと思った。道内でも増えていってほしい」と話していた。


関連キーワード: 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,578)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,774)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,342)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,235)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,126)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。