土木学会の選奨土木遺産に道内から山線鉄橋など2カ所

2018年10月07日 14時00分

 土木学会(小林潔司会長)は、2018年度の選奨土木遺産を決定した。道内からは「山線鉄橋」と「苫小牧港大規模掘込港湾施設」の2施設が選ばれた。北海道支部が11月16日午後1時半から札幌ガーデンパレスで認定の授与式を開く。

 土木遺産の認定制度は、土木遺産の顕彰を通じた歴史的土木構造物の保存などを目的に2000年度に創設。選考委員会(天野光一委員長)が全国7支部から24カ所を選出し、道内での認定は42カ所となった。

 「山線鉄橋」(千歳市)は同市支笏湖温泉地区の千歳川に移設された英国製の200フィートピン構造ダブルワーレントラス橋。北海道内現在最古の鋼橋で、1899年竣工し、1924年に移設した。

山線鉄橋

 「苫小牧港大規模掘込港湾施設」は漂砂対策に基づく防波堤と長大な水路からなる世界初の掘込式港湾を砂浜と原野に築いた。新たな臨海工業地帯の開発を実現した施設で、1963年に供用を開始した。

 認定授与式では同じ会場で記念講演会も開催される。

苫小牧港の大規模掘込港湾施設


関連キーワード: 橋梁 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,371)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,060)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,832)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,464)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,396)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。