常盤、松倉導水トンネルで躯体補強など検討 小樽市

2018年10月04日 16時00分

 小樽市は、建設後40年以上が経過している常盤と松倉の両導水トンネルで老朽化対策を検討している。日水コンで劣化診断を進めており、2019年2月中旬に出る調査結果を踏まえ、対策工法や建設費、施工時期を固める。長寿命化修繕を基本に、トンネル躯体の補強や、トンネル内への導水管布設などの対策を想定している。

 赤井川村内の余市川水源地から、小樽市天神2丁目107にある天神浄水場までをつなぐ導水施設で、1968―70年に整備した。

 山間部を導水トンネル、その他を導水管で構成しており、常盤導水トンネルは延長893㍍、松倉導水トンネルは延長2959㍍となっている。

 日常的な点検・補修はしてきたが、老朽化が懸念されるため、事業化の前段階として劣化診断の実施を決めた。

 19年2月12日までに調査を完了させる予定で、目視点検、漏水調査、コンクリートのコア採取による圧縮強度試験などを計画している。

 今のところ、19年度当初予算での関連予算計上の可能性は低い。


関連キーワード: トンネル 土木

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • イイファス
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,690)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,295)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,057)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,948)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,288)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。