常盤、松倉導水トンネルで躯体補強など検討 小樽市

2018年10月04日 16時00分

 小樽市は、建設後40年以上が経過している常盤と松倉の両導水トンネルで老朽化対策を検討している。日水コンで劣化診断を進めており、2019年2月中旬に出る調査結果を踏まえ、対策工法や建設費、施工時期を固める。長寿命化修繕を基本に、トンネル躯体の補強や、トンネル内への導水管布設などの対策を想定している。

 赤井川村内の余市川水源地から、小樽市天神2丁目107にある天神浄水場までをつなぐ導水施設で、1968―70年に整備した。

 山間部を導水トンネル、その他を導水管で構成しており、常盤導水トンネルは延長893㍍、松倉導水トンネルは延長2959㍍となっている。

 日常的な点検・補修はしてきたが、老朽化が懸念されるため、事業化の前段階として劣化診断の実施を決めた。

 19年2月12日までに調査を完了させる予定で、目視点検、漏水調査、コンクリートのコア採取による圧縮強度試験などを計画している。

 今のところ、19年度当初予算での関連予算計上の可能性は低い。


関連キーワード: トンネル 土木

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,255)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,234)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,080)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,901)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,565)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。