未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 谷沢製作所 菊池雄太さん

2018年10月11日 07時10分

タニザワの製品広げたい

菊池雄太(きくち ゆうた)さん

 谷沢製作所(本社・東京)は、働く人の頭を守るヘルメットメーカー。創業は1932年で、2018年7月に出荷累計1億個を達成した。

 菊池雄太さんは93年5月生まれの25歳。地元は宮城県気仙沼市で、関東地方の大学に進学した後、同社へ入社。1年目は本社の東京第2営業所に配属され、先輩社員に同行してハウスメーカーやゼネコンを回った。

 入社して1年半ほどたった17年10月に北海道へ赴任。「東京は電車移動が大半だったので、北海道と命じられて一番先に思い付いた不安が〝冬道の運転〟だった」と振り返る。

 札幌営業所では主に道央と後志地区を担当。吹雪による高速道路の通行止めという、北海道ならではの洗礼を2度ほど受けた。2シーズン目の今冬は、肩に力が入ることなく運転できそうだという。

 ニッチな分野でも強みのある企業で働きたいとの思いで入社した。「タニザワのヘルメットをかぶっている人は道内の現場でも多い。自分たちの売っている商品が使われているのを見ると、うれしい」と話す。

 自身のお気に入りは、大きな通気孔が特徴のST#1830。発泡スチロール製の衝撃吸収ライナーがないヘルメットで、抜群の通気性とスタイリッシュさを誇る。「これからもたくさんの人に使ってもらい、安全のためにタニザワの製品を一層広げたい」と意気込んでいる。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,368)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,091)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (3,944)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,645)
感動届ける施設に 日ハム新球場エスコンフィールドが...
2023年01月10日 (2,569)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。