未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 谷沢製作所 菊池雄太さん

2018年10月11日 07時10分

タニザワの製品広げたい

菊池雄太(きくち ゆうた)さん

 谷沢製作所(本社・東京)は、働く人の頭を守るヘルメットメーカー。創業は1932年で、2018年7月に出荷累計1億個を達成した。

 菊池雄太さんは93年5月生まれの25歳。地元は宮城県気仙沼市で、関東地方の大学に進学した後、同社へ入社。1年目は本社の東京第2営業所に配属され、先輩社員に同行してハウスメーカーやゼネコンを回った。

 入社して1年半ほどたった17年10月に北海道へ赴任。「東京は電車移動が大半だったので、北海道と命じられて一番先に思い付いた不安が〝冬道の運転〟だった」と振り返る。

 札幌営業所では主に道央と後志地区を担当。吹雪による高速道路の通行止めという、北海道ならではの洗礼を2度ほど受けた。2シーズン目の今冬は、肩に力が入ることなく運転できそうだという。

 ニッチな分野でも強みのある企業で働きたいとの思いで入社した。「タニザワのヘルメットをかぶっている人は道内の現場でも多い。自分たちの売っている商品が使われているのを見ると、うれしい」と話す。

 自身のお気に入りは、大きな通気孔が特徴のST#1830。発泡スチロール製の衝撃吸収ライナーがないヘルメットで、抜群の通気性とスタイリッシュさを誇る。「これからもたくさんの人に使ってもらい、安全のためにタニザワの製品を一層広げたい」と意気込んでいる。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,680)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,502)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,469)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,269)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,098)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。