円山動物園に来春ゾウ舎 国内初の屋内プールも

2018年10月11日 20時00分

 札幌市円山動物園は10日、9月に完成したゾウ舎の内部を報道陣に公開した。国内初となる屋内プールを備えるなど、ゾウが生き生きと過ごせる施設を実現。2019年3月ごろのオープンを目指す。

 熱帯動物館の跡地にRC一部S造、地下1地上2階、延べ約3406m²で、総工費約30億円をかけて新設。主体の基本・実施設計は大建設計、工事は岩倉建設が担当した。

水中の様子も観察できる

 冬期間は室内で暮らすゾウの水場確保のため、屋外だけでなく屋内放飼場にも深さ3mのプールを設置。ガラス越しに水中の様子を観察できるゾーンのほか、放飼場全体を見下ろせる観覧場所を設けている。

 また、砂浴びを好むことから屋内外の放飼場の床材に砂を採用。延べ約3000m²の屋外放飼場では、ゾウが掘れるよう、約1mの深さを確保した。

 加藤修園長は、餌場を多く設置するなど「本来の生活や動きを見てもらえる」と話している。


関連キーワード: さっぽろ圏 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,134)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,365)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,538)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,379)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,069)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。