函館大手町で土地取得、MSやホテルを計画

2018年10月15日 07時00分

 函館市大手町で、ホテル新設などを想定した土地の売買が活発化している。函館国際ホテルが立地する一画で、グランイーグル(東京都大田区西蒲田7丁目12の2、中野博社長)、サンケイビル(東京都千代田区大手町1丁目7の2、飯島一暢社長)などが民有地をそれぞれ取得。JR函館駅周辺でのホテル新設が相次いでいる中、さらなる投資が注目されている。

 首都圏で不動産業を営むグランイーグルが8月末に取得したのは、函館市大手町5の31などの約1800m²で、宮前造船鉄工所の工場跡地。現在は解体作業が進んでいる。関係者によると、マンションやホテルへの活用を見込んでいるという。

 一方、大手町5の90などの「はこだてビール」に隣接する駐車場敷地約2500m²でも動きがあった。9月28日付で、魚長食品(本社・函館)からサンケイビル、伊藤忠都市開発、伊藤忠商事の3社に所有権が移っている。

 サンケイビルによると、土地はホテルの開発用地として取得し、運営主体を含めて計画を詰めているという。函館朝市からベイエリアを結ぶ開港通(市道中臨港通)に面する好立地で、今月から地盤調査が始まっている。

 いずれも用途地域は建ぺい率60%、容積率200%の準工業地域。

 一画にある函館国際ホテルでは、13階建ての新棟を含むリニューアルが進められている。435室の市内最大規模で12月にグランドオープンを控えている。

 大手町から若松町にかけての函館駅周辺では、センチュリーマリーナ函館や函館大手町ホテル、JRイン函館、ラ・ジェント・ステイ函館駅前、ユニゾインエクスプレス函館、函館駅前WBF HOTELといった、着工済みを含め6棟のホテル新設計画が進んでいる。

 北海道新幹線の開業にアジア圏インバウンドの旅行ブームが相まって、函館駅周辺での民間投資の勢いが増している。


関連キーワード: ホテル マンション 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,162)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,388)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,129)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,860)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,669)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。