下川町でチョコレート製造へ 旧一の橋小を工場に改修

2018年10月16日 16時00分

 下川町は、久遠チョコレートなどと自治体SDGsモデル事業を展開するため、旧一の橋小をチョコレート工場へ改修する。校舎棟のうち旧職員室、校長室、保健室を4―5人がチョコレート製造に従事する施設に改修する意向で、11月下旬に実施設計を仕上げた後、12月までに工事を発注し、来年3月中旬までに完成させる見通しだ。

 下川町と、障害者雇用を進めている一般社団法人ラバルカグループ(愛知県豊橋市)運営の久遠チョコレート、ベルシステム24ホールディングス(東京都中央区)が7月31日に札幌市内で締結した「SDGsの推進と持続可能な地域づくりに関する連携協定」に基づく取り組み。

 SDGsは、国連が提唱する「持続可能な開発目標」で、誰一人取り残されない多様性のある社会を目指すもの。チョコレート製造施設では、障害者3人程度と指導する健常者2人程度の雇用、フェアトレード(公平貿易)による原料の一部調達を計画している。

正面玄関の右側、校舎1階北側をチョコレート工場に改修する

 施設の詳細は、今月4日の入札で柴滝建築設計が落札した実施設計で詰めるため、事業費などは流動的な部分を残す。業務期間は11月28日まで。

 改修は年度内の執行が求められる地方創生支援事業費補助金を活用する見通しで、実施設計がまとまり次第、町議会に工事費を盛り込んだ補正予算案を上程し、12月には施設整備を発注する。

 1980年改築の校舎棟(RC造、2階、延べ1146m²)と67年改築の屋体棟(S造、平屋、延べ546m²)から成る旧一の橋小は、2002年に閉校。現在は札天山収蔵館として郷土資料を保存・展示している。

 改修により校舎棟北側に配置された正面玄関横の職員室などを整理して工場スペースを確保し、その他の教室等は今後も保存・展示スペースとして利用する。

 町では、旧一の橋小への新たな事業者入居は難しいと見ているが、今後も町内へのパートナー企業誘致は積極的に進める方針だ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (3,395)
大林らJV落札、497億円 道新幹線札樽トンネル札幌工区
2019年01月09日 (3,370)
札幌都心への投資加速 ホテル建設ラッシュに沸く
2019年01月02日 (2,078)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (1,972)
RIZAPグループ ディノスビル春までに建替基本計画
2019年01月06日 (1,713)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第151回は「胃もたれ」。忘年会、年越し、新年会と続く宴。胃へのいたわり方をご指導します。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。