一建設が住宅供給で本道進出 中央区に分譲MS用地取得

2018年10月16日 07時00分

 関東圏を中心に戸建てや分譲マンションなどを展開する、一建設(東京都豊島区南池袋2丁目25の5、堀口忠美社長)は、札幌市中央区北1条西16丁目にある、オンワード樫山札幌支店の土地・建物を取得した。分譲マンション用地に充てる考え。同社が本道で住宅供給に乗り出すのは初めて。

 取得した土地・建物は北1条宮の沢通を挟み、知事公館の南側向かいに所在。敷地面積は1445m²。建物は1979年の建設で、規模はSRC・RC造、8階、延べ6628m²。

一建設が土地・建物を取得したオンワード樫山札幌支店

 オンワードでは、資産の効率化や財務体質の向上を図るため、8月30日付で売却した。譲渡価額は12億円。

 一建設は、分譲マンションの新築を想定している。ただ、賃貸の形でオンワード札幌支店が入居中で、その移転先も決まっていないため、「建設の時期など具体的な内容は今後詰めていく」(一建設)としている。

 敷地の目の前には知事公館や道立近代美術館があり、市内中心部や地下鉄駅も近い好立地。一帯は建ぺい率80%、容積率400%の商業地域となっている。

 一建設は飯田建設工業として1967年に設立し、関東圏をはじめ、東北、中部・東海、近畿、九州エリアなど全国に営業拠点を持つ。業績概要によると、2018年3月期の売上高は3731億円、土地分譲を含めた戸建て分譲棟数は1万600戸などとなっている。

 同社とともに、飯田グループホールディングスを形成するアーネストワン(本社・東京)、タクトホーム(同)は札幌や恵庭、江別などで建売住宅を展開している。

 札幌市内での今後の展開について、一建設の担当者は「道内、関東圏などから先行進出しているデベロッパーもいて簡単ではないと思うが、いい案件があれば、(土地の)購入検討は積極的にしたい」と話している。


関連キーワード: さっぽろ圏 マンション

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,262)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,577)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,413)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,196)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,836)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。