現場で働くイメージを 札幌で土木施設めぐり女子ツアー

2018年10月16日 12時00分

 札幌市建設局は13日、土木施設めぐり女子ツアーを開いた。4回目となる今回は、土木を学ぶ女子学生11人が参加。市内の土木施設見学や女性技術者とのお茶会を通じて、職場環境や現場で働くイメージをつかんだ。

 市の建設業人材確保・育成支援事業の一環。札幌工高、北大、北海道科学大、北海学園大から学生11人、勇建設、伊藤組土建、一二三北路、砂子組、清水建設、道路工業、ひまわり建設から技術者ら7人が参加した。

 一行はまず市所管の白川第3送水管新設、エルムトンネル換気所を巡った。

 その後、市役所本庁舎の食堂に移動し、女性技術者との座談会を開催。学生からの質問に対して、技術者3人が代表してマルバツ形式で回答し、エピソードなどを語った。

フリートークで疑問を解消した

 女性で得をしたことはと問われ、全員があると回答。顔や名前を覚えてもらいやすいことや、作業員が優しいなど共通しており、それぞれエピソードを披露した。

 清水建設の仁義水緒さんは、仕事が大変な時も「フォローしてくれる人や、相談に乗ってくれる人がいた」と話し、周囲の環境の良さを伝えた。

 フリートークでは、多くの学生は女性同士の関係が気になる様子で、「会社に女性は何人いるか」「女性の友人はできるか」などと質問。

 技術者側は「女性が少ないからこそ、違う課の女性も誘い、みんなで集まっている」と仲の良さを伝えた。

 終了後、北大3年の二ノ丸智代さんは、インターンシップに参加したが、女性技術者に会える機会に恵まれなかったと話し、「率直な意見が聞けて良かった」と振り返る。北海道科学大3年の五十嵐瑞姫さんも直接話を聞く機会は貴重とし、「待遇や環境などが特に参考になった」と話していた。


関連キーワード: けんせつ小町 人材育成 学校

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (3,404)
大林らJV落札、497億円 道新幹線札樽トンネル札幌工区
2019年01月09日 (3,369)
札幌都心への投資加速 ホテル建設ラッシュに沸く
2019年01月02日 (2,077)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (1,968)
RIZAPグループ ディノスビル春までに建替基本計画
2019年01月06日 (1,712)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第151回は「胃もたれ」。忘年会、年越し、新年会と続く宴。胃へのいたわり方をご指導します。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。