コメリ札幌市内1号店 発寒に出店計画、来春着工へ

2018年10月22日 07時00分

 ホームセンター大手のコメリ(新潟市南区清水4501の1、捧雄一郎社長)は、札幌市内1号店となるコメリパワー札幌発寒店の新設を計画している。2019年11月の営業開始に向け、4月をめどに敷地造成に取り掛かりたい考え。施工業者はこれから選定する。

 北海道地域商業の活性化に関する条例に基づき、道が計画概要を告示した。それによると、店舗はS造、平屋、延べ9446m²の規模。店舗(売り場)面積は9347m²で、駐車場台数は調整中。1日当たり約6000人の集客を見込む。

 建物や駐車場の配置など全体の開発設計は、T&N北海道設計が担当した。

 建設地は札幌市西区発寒10条14丁目1069の1の追分通沿い。ヤマダ電機テックランド発寒店の南西隣の敷地3万6230m²を賃借する。JR発寒駅の北側に位置し、近くにDMCホーマック発寒追分通店がある。

 今後は19年に入り、農地法と都市計画法の申請を1月10日、建築確認申請を2月1日、大規模小売店舗立地法の届け出を3月1日にそれぞれ予定している。

 同社は道内100店舗体制に向け、苫小牧市柏原にコメリ北海道流通センターを3月に開設。店舗オペレーションを統括する北海道地区本部も設けた。現在はパワー6店、ホームセンター4店、ハード&グリーン6店の計16店を展開。11月1日にはコメリホームセンター名寄店がオープンする。また、函館市内で西桔梗店に19年2月ごろ着工する予定だ。

 同社の担当者は「今後も条件が合う土地があれば、新設を促進したい」と話している。


関連キーワード: さっぽろ圏 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林らJV落札、497億円 道新幹線札樽トンネル札幌工区
2019年01月09日 (3,394)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (3,161)
札幌都心への投資加速 ホテル建設ラッシュに沸く
2019年01月02日 (2,095)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (2,059)
RIZAPグループ ディノスビル春までに建替基本計画
2019年01月06日 (1,722)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第151回は「胃もたれ」。忘年会、年越し、新年会と続く宴。胃へのいたわり方をご指導します。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。