生徒の98%が「参考になった」高校生酸欠教育アンケート

2018年10月28日 16時00分

 北海道建設業協会(岩田圭剛会長)は、2017年度に高校生を対象に実施した第1種酸素欠乏危険作業に関わる特別教育のアンケート集計結果をまとめた。受講した生徒の98%が「参考になった」と回答し、建設業への具体的な関心や就職意欲に関しては「かなり高まった」と「少しは高まった」が合わせて86%を占めた。また、建設業について自由に書く欄には「建設業は男性が多いと思うが、自分は父に憧れて土木科に入った。働いているお父さん方、頑張ってください」との喜ばしい記述もあった。

 この特別教育は、北海道建設業信用保証の道内建設業若年者育成助成を活用し、道内の工高・農高の生徒らを対象に実施しているもの。17年度は13校で実施し、生徒822人、教師20人が修了証を手にした。このうち、生徒796人が回答を寄せた。

 特別教育の理解度についての設問では「十分に理解できた」が41%、「部分的に理解できた」が58%となり、理解した生徒は合わせて99%に上った。また、この特別教育に関して「役に立つ」と「どちらかと言えば役に立つ」も合わせて99%を占めている。今後も「継続して実施してほしい」との回答は94%となっている。

 受講した感想などを自由に書く項目では「これから役に立つ場面が出てくると思うので、とてもためになりました」「地下は何もしなくても安全だと思っていたが、密室な場所は危ないと学ぶことができた」「もし自分が建設業に就かないとしても、この講習は役に立つし、有意義なものだと思いました」など肯定的な意見が大部分を占めた。

 建設業について自由に書く欄では「自分たちのような若い人が減っているので、誇りのある仕事だということを確認し、これからも勉強を頑張りたい」「女性が働けているイメージがあまりないので、もっと女性が活躍しているのが見たい」「建設業は今、若い人が不足しているそうなので、自分たちが引っ張っていきたい」など頼もしい意見もあった。

 教師に対しても同様のアンケートを実施。回答した全員が「参考になった」「理解できた」「役に立つ」「今後も継続して実施してほしい」と答えた。


関連キーワード: 学校

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 東宏
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,187)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,563)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,548)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。