民活事業の募集要項12月にも 白老駅北観光商業ゾーン

2018年10月26日 12時00分

 白老町は、2020年4月オープンを目指す白老駅北観光商業ゾーンのうち、民間活力導入区域事業者選定の募集要項を11月までにまとめ、12月中にも公表する。18年度内に優先交渉権者を決定する運びだ。

 24日にしらおい経済センターで開いた白老町商工会主催の民族共生象徴空間の周辺整備などに関する説明会で、岩城達己副町長や町の担当者らが説明した。

事業への関心が高く、活発な質問が出た

 説明会には事業者ら45人が参加。8月に策定した白老駅北観光商業ゾーン基本計画案や町の南北をつなぐ末広東町通りこ線橋(自由通路)の整備、JR白老駅前広場の拡張整備などを説明した。これに対し、民族共生象徴空間の整備概要や知名度を上げるためのPR、駅北観光商業ゾーンの運営に関し活発な質問が出た。

 駅北観光商業ゾーンの運営で町は、インフォメーション施設や来場者専用駐車場などは指定管理者制度にする方針。民間活力導入区域の産業事業者と一体となった取り組みと運営が必要なことから、仮称・管理運営利用組合などの組織を考えている。

 観光商業ゾーンでは、白老駅北広場の一部約1・5haを白老駅北観光商業ゾーンとする。観光インフォメーション機能を含めた基盤整備や町内への回遊性向上を図ることが目的。民間活力導入区域は0・5haで、飲食物販施設や宿泊施設などが整備される。


関連キーワード: 商業 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,096)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,473)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,443)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,295)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,122)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。