近代建築物早期保全を 道東過疎地文化財でシンポジウム

2018年10月29日 16時00分

 過疎地に眠る文化財を守るには―。道東3管内博物館施設等連絡協議会などは25日、浦幌町立博物館で過疎地での文化財保護の現状と課題に関するシンポジウムを開いた。学芸員や一般市民61人が参加。浦幌町立博物館の持田誠学芸員は、浦幌町に現存する明治時代に建てられた旧斉藤牧場事務所が文化財としての保護を受けておらず老朽化が進行していることから、早期保全に向けて問題提起した。

 浦幌町厚内にある旧斉藤牧場事務所は、1903(明治36)年ごろに斉藤兵太郎氏により建てられた和洋折衷式の牧場事務所兼住宅。明治時代の牧場事務所として現存する建築物は同事務所と札幌市内にあるエドウィン・ダン記念館の2棟のみで、歴史的に見て国の重要文化財相当の建物だという。しかし近年、同じ時期に建てられたとされる厩舎(きゅうしゃ)は積雪により倒壊。事務所自体も文化財として保護されておらず修復もしていないため、早急に保全する必要がある。

持田学芸員が牧場事務所の現状を報告した

 持田学芸員は、現実問題として保全には費用面で多大な負担がかかることを強調。「小さい町で文化財の保護にお金がかけられるのか、町民の理解は得られるのか、保全を継続していけるのか、浦幌に限らず過疎地の町村が共通に抱えている問題だ」と指摘した。その上で「従来にはない形での文化財保全の方策を模索し、今、何ができるのか、何をしておくべきなのか考える必要がある」と述べた。

 基調講演では、任意団体「文化財サポート」の田才雅彦代表が国の文化財保護制度を解説。制度は、当時の姿をそのままに残す重要文化財などの「指定」と、多方面と連携し一定の広がりの範囲を保存活用する重要文化的景観などの「選定」、活用に軸足を置き改変をある程度認める登録有形文化財などの「登録」の3つに大きく分類されることを説明した。

 近代建築物の保存活用については、地域住民と専門家が一緒になり文化財を生かしたまちづくりを進めるための文化財保存活用地域計画を策定し、保全には指定、選定、登録など、どの手法が適しているか検討するようアドバイスした。(帯広)


関連キーワード: 景観 歴史的建造物 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • イイファス
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,119)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,476)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,251)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,889)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,248)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。