八雲町学校給食センター 延べ1600m²で19年度改築

2018年10月30日 15時00分

 八雲町は2019年度、学校給食センター改築の着工を予定している。新施設の規模はRC造、2階、延べ1600m²程度。年度内に実施設計をまとめ、上半期にも主体、電気、機械などに分割して一般競争公告し、20年8月の夏休み明けの供用開始を目指す。概算工事費は機器類を含め14億円余りとなっている。

 東雲町33にある現センターはRC造、平屋、延べ792m²の規模で、1983年の建設。八雲地域の小中10校に約1200人分を提供しているが、老朽化などを受けて内浦町237(約6100m²)に移転することを決めた。

 17年度から基本設計に着手し、現在はドーコンで実施設計を履行中。改築に合わせて、同じく老朽化する熊石地域の給食センターと統合し、町内全域で小中12校、約1300食を供給するドライ方式の調理施設とする。

 汚染・清潔作業のゾーニング、食品の動線などHACCP(ハサップ)の概念に基づく設計とし、衛生管理を徹底を図る。

基本設計段階の外観イメージ。衛生管理を徹底した施設づくりを目指している

 1階は管理室、食材の搬入室、下処理室、調理室、コンテナプール、配送前室、洗浄室、見学スペースなどを配置。2階は電気・空調室となる。新たにアレルギー専用の調理室、スチームコンベクションオーブンや真空冷却機を導入。内装一部には地域材を取り入れる。

 財源は学校施設環境改善交付金を活用。流動的だが19年度に工事発注し、議会承認を経て着工して、およそ1年で施工する。

 総合計画の実施計画によると、19年度は9億1535万円、20年度は5億4910万円をそれぞれ試算している。


関連キーワード: 学校 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,096)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,473)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,443)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,295)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,122)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。