軟式球場を硬式用に 札幌市が19年度に改修候補絞り込み

2018年11月01日 08時00分

 札幌市スポーツ局は札幌円山、麻生に次ぐ3番目のアマチュア向け硬式球場新設について、2019年度にも事業化を判断する方向で検討を始めた。軟式球場を硬式球場へ改修して新球場を確保する方針で、19年度は改修候補となる球場を絞り込む考え。事業化を判断した場合は、基本計画策定など必要な手続きに入り、最速で20年度の事業着手を目指す。

■試合会場不足改善で

 札幌円山と麻生はいずれも稼働率が高く、16年には北海道野球協議会から球場不足の改善要望があった。17年度の実態調査では、主に小中学生の試合会場の不足が判明している。

 改善に向け秋元克広市長は、10月1日の3定議会代表質問で、村松叶啓氏(自民党)に対し、既存の軟式球場に安全対策を施し、硬式球場に転用する方向で検討することを表明。

 スポーツ局では市内の有料軟式球場から、いずれか1カ所を絞り込み、硬式化改修を施し新球場とする方針で、利用団体の意見を聞きながら、事業化に向けた基礎調査や検討を進める。

 整備内容や手法の決定はこれからだが、防球ネットなどの安全対策をはじめ、スタンド型の観客席など必要な設備を全て盛り込んだ場合、硬式化改修費は20億―30億円規模が見込まれる。

 硬式転用で軟式利用者に不便が生じる可能性があるため、今後は改修対象を4球場ほどに絞り込み、転用した場合の影響を調査。運用で影響を最少化する方策も検討する。

 19年度は、これを基に硬式化改修の対象を絞り込み、事業化を判断した場合は、整備基本計画など手続きへの着手を想定。20年度にも事業化を見込む。

 市内の有料で使える軟式球場は円山公園、麻生球場を除き23球場ある。このうち屯田西、北郷、月寒、農試の各公園はナイター設備を、平岡公園はスタンド型の観客席を備えている。


関連キーワード: スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (3,431)
コメリ札幌市内1号店 発寒に出店計画、来春着工へ
2018年10月22日 (3,311)
日本ハム新球場 北広島市内建設が正式決定
2018年10月31日 (3,205)
世界がまだ見ぬボールパークへ 新球場は延べ10万m²
2018年11月06日 (2,070)
札幌駅北口8・1再開発特定代行者 大成・伊藤JVを選定
2018年11月14日 (1,682)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第147回は「酔いざめ」。水や睡眠で酔い覚ましは早まりません。飲酒運転にならぬよう気をつけてください。

連載 北海道遺産~開拓に貢献した宝物new

北海道遺産
先日選定された15件のうち6件を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。