「花ロードえにわ」隣接地に宿泊施設 積水ハウスが整備

2018年11月03日 07時00分

 恵庭市は、パークPFIにより公募していた、花の拠点内での宿泊施設の整備・運営者の最優秀提案者を積水ハウス(本社・大阪)に決めた。RC造、4階、延べ3944m²の宿泊施設の整備を提案している。2019年4月ごろ着工し、花の拠点がオープンする20年度中の供用開始を目指す。

 宿泊施設を設けることで、訪日観光客などを取り込み、市内滞留時間を増やす考え。

 応募は1社のみだったが、提案内容が審査基準を満たしていたので選定した。整備場所は恵庭市南島松817の3ほかにある市街化調整区域で、建築面積は1100m²、建物高さは15m。客室は洗面室、シャワー室、クローゼットを備え付けた108室で、1室当たり19・57m²の広さとしている。

 また、道と川の駅「花ロードえにわ」の運営管理事業者として、デリシャス(本社・札幌)を最優秀提案社に選定した。 同社の提案では、「花ロードえにわ」内に、キッズコーナー、授乳室、カリーショップ、ベーカリーショップ、カフェスタンドなどを配置。屋外にはペット同伴テラスや催事スペースを置くとした。

 19年冬に改修を施し、20年4月に全面供用開始する。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,262)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,577)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,413)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,196)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,836)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。