札幌市時計台がリニューアル 12月末まで入館無料

2018年11月02日 16時00分

 外部改修工事で6月から休館していた札幌市時計台が1日、リニューアルオープンした。5カ月ぶりの開館を迎え、初日は多くの観光客が集まり、札幌を代表する観光地としてにぎわう風景が久々に戻ってきた。12月末までは北海道胆振東部地震の影響で減少した観光客回復の一環として、入館料を無料とする。

札幌市時計台がリニューアル

札幌を代表する観光地のにぎわいが戻ってきた

 中央区北1条西2丁目に位置する時計台は、旧札幌農学校演武場として1878年に建設。国の重要文化財にも指定されている。

 老朽化が進んでいることから、4月から塗装の塗り替えや部材交換などの外部改修を実施。設計は日建社、施工は高橋組(本社・函館)が担当した。

 工事に伴い、6月1日から休館。一方で作業用足場を設置した際には外観も見られなくなるため、7―9月の観光シーズンには正面の足場に実物大の写真を印刷したプリントシートを貼るなど、観光地としての魅力維持に努めていた。

 開業初日は、時折雨が降るあいにくの天気だったが、午前中から多くの観光客が訪れ、写真撮影などを楽しんでいた。先着100人には記念品が配られたほか、時計台非公式キャラクターの「とっけ」らが入館者を出迎えた。

 3日午前11時からは、時計台2階ホールで創建140周年記念式典を開き、記念コンサートなどを予定している。


関連キーワード: さっぽろ圏 歴史的建造物 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,119)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,476)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,251)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,889)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,248)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。