女性技術者、土木現場で奮闘 中山組の本庄さん

2018年11月02日 18時00分

 「2年前の現場経験が生き、スムーズに進んでいます」―。こう話すのは中山組(本社・札幌市東区)安全・ISO部の本庄千明さん。札幌開建が発注した女性技術者活用型の現場で、安全管理や土質の品質管理、写真撮影などに奮闘している。

 同社は4月、女性技術者活用型の石狩川改修根志越遊水地周囲堤ほかを受注。担当技術者として安全日誌などの安全書類関係を含む安全管理や土質の品質管理試験、写真撮影などに取り組んでいる。

 本庄さんは2016年度に同開建が発注した、女性活用モデル工事の石狩川改修現場を経験。この時は安全・ISO部に在籍していたことから安全管理を中心に携わった。

 今回は、安全管理に加え、写真撮影や品質管理など幅広い業務に挑戦。前回の経験から「スムーズにできている」と自信を深めている。また、安全パトロールなど現場に行く機会が多かったことから「現場に慣れていたことも大きい」という。

安全管理について打ち合わせる本庄さん(左)と竹内所長

 現場所長を務める竹内鑑人土木事業部主任は「力仕事は別として、男性職員と同じ仕事をこなしてくれる」と評価。「現場や事務所内の整理整頓などは女性ならではの細かい視点で気付き、指摘してくれる。大変助かっている」と信頼を寄せる。今後は「積極的に女性技術者を活用したい」と話す。

 この現場では若い技術者が一緒に経験を積んでいる。入社2年目の豊田優貴さんは「職場がとても明るくなりました」と笑顔を見せ、1年目の柴田春さんは「頼りになるお姉さんです」と目を輝かせる。

 本庄さんは、道内の女性技術者などで構成する建設どさん娘(こ)の会に入会し、交流会や情報交換などを通じて勉強に励んでいる。「今は女性専用のトイレや休憩室などがあり、とても働きやすい職場」と述べ、「もっと女性技術者が増えてほしい」と願っている。


関連キーワード: けんせつ小町

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,447)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,855)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,771)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,998)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。