遠軽町「いわね大橋」本復旧へ 橋脚1基新設、桁は再利用

2018年11月04日 07時00分

 ことし7月に発生した豪雨で、上部がV字に折れ曲がった遠軽町内の道道遠軽芭露線いわね大橋。車両通行が規制されてから間もなく4カ月となるが、公共土木施設災の12次査定で復旧額が決定し、道建設部による早期復旧に向けた準備が着々と進んでいる。これから始まる本復旧工事では、橋脚1基を新設する計画だが、上部については橋桁を再利用する予定だ。

通行止めにして応急工事を進めている

 同橋は1980年に架設した橋長336・6m、幅員9・9mの鋼橋。下部は逆T式橋台2基と、壁式橋脚9本となっている。橋脚のうち1本が大雨の影響で沈下したことで、上部がV字に折れ曲がった。

 本復旧工事は延長69・4mで、幅員9m。護床594m²を施した上で橋脚1基を新設し、応急工事の段階で取り外した橋桁を橋脚完成後に再設置し床版を施工する。橋脚は、現橋と同じ壁式橋脚となる。災害査定では復旧費として約8億円が認められた。詳細設計は北海道土木設計が進めた。

 橋脚沈下の原因について、現地調査した北見工大の複合型豪雨災害研究ユニットのメンバーである渡辺康玄副学長は、砂州の位置が変化したことを挙げている。砂州位置の変化によって、橋脚に対して広い面積で衝撃が加わったと分析。行き場がなくなった水で洗掘が進行したという解釈だ。

 同橋は、遠軽町東町や南町など住宅地が広がる地区と、JR遠軽駅前の中心部とを最短で接続する。駅や病院、スーパーなどにアクセスする際に利用する重要な橋梁で、上下水道管も通っている。町民は被災以来、迂回路の利用を余儀なくされている。

 網走建管は被災後、河川水位が下がった7月19日から応急工事を渡辺組(遠軽)が進めている。状況の悪化を防ぐために沈下した橋脚周囲に保護ブロックを整備し、桁を支える支保工によって沈下した橋脚を除去した。上部は床版を取り壊し、2径間分の桁も一時撤去する。


関連キーワード: 北海道庁 災害 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,262)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,577)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,413)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,196)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,836)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。